「やさしい方のホーム」手賀沼で釣り納めをした後、とくに根拠はありませんが厳しい方のホームでもタナゴが釣れるような気がしていました。そしてそう思い始めてしまうと確かめずにはいられなくなって・・・

大掃除を中断して「厳しい方のホーム」水元公園へ。
20151230水元公園
... 続きを読む

久々に渋谷の上州屋さんのタナゴコーナーを訪れてみたらこんなハリが売っていました。

20150207一寸タナゴ オカメ
オーナーばりの「一寸タナゴ オカメ」

一寸タナゴシリーズでは、いままで新半月が最小のハリでしたが、このハリが口の小さなバラタナゴ(通称オカメ)の名を冠しているということは、オーナーさんによる最小のハリだよ宣言なのでしょう。

これはマスプロ製品としてはゆるぎない地位にいるがまかつの「極めタナゴ」への挑戦です。(たぶん)

... 続きを読む

散々だった初釣りから一週間、
懲りずに水元公園に行ってきました。

相変らず寒いのは仕方がないとして、今日はさらに冷たい北風がゴウゴウ吹いてます。

流れがないはずのポイントも風による流れができてしまって釣り辛い。
しかも前回とはあきらかに違う変なニゴリが入ってしまってます。

釣れなかった一週間前よりもさらに不利な状況・・・


しかし今日こそ釣れる気がする!


なぜなら前回ベテランさんたちからいろいろ教えてもらったから。

寒タナゴの時期のエサは黄身とホットケーキミックスで作る黄身ネリを使っているのですが、
今回はベテランさんたちも使っていた「黄身だけネリ」を試してみました。

出来上がりはいつもの黄身ネリよりもトロトロで大丈夫か?と思っていましたが、
「粉入り」よりも全然ハリ持ちが良いです。

さらにシモるスピードをさらにスローに変更。
いままでの沈下速度が「ゆっくり」ならば、
新しいそれは「ゆ~~~ぅ~~~く~~~ぅ~~~り~~~ぃ~~~~」くらい。

シモっているのがわからないくらいの遅さで沈み、
微妙なバランスゆえに表面張力が働いてしまうと沈下しません。

どちらも活性が低い寒タナゴに効きそう。

これなら・・・・・



と薄暗くなるまで頑張るもクチボソのみ。

20150110クチボソ


残念な釣果が続いていますが、新しい課題も見つかったので次回の釣りが楽しみです。




そろそろタナゴが釣りたい2015年。


ブログランキング参加中。防寒対策のゴム手袋をはめているので見た目が怪しい。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。


1月3日、2015年の初釣りは水元公園へ行ってきました。

本格的な冬を迎えたいつもの水路ではクチボソすら釣れず、
予想以上の厳しい展開。


場所替えしたポイントでもクチボソを釣るのが精一杯。
20150103初クチボソ
... 続きを読む
クリスマス寒波がやってくるこの時期になると雑魚たちは条件のより良い場所に集まるようになります。
厳しい時期ですが、そんな場所を見つけられれば大漁も夢じゃない。


ここ数年は手賀沼で良い釣りができていましたが、
今年は敢えて水元公園にパラダイスを見つけに行ってみました。

20141223水元公園
... 続きを読む