ことし初の遠征は冬の琵琶湖。
メインは翌日のバス釣りだったのですが、ついでに琵琶湖周辺の寒タナゴ釣りにチャレンジです。
大雪に見舞われて惨敗した2年前のリベンジは果たせるのでしょうか。

20170225今回の相棒
2017年の遠征第一弾の相棒です。



レンタサイクルを借りてほぼ初めてのエリアをまわっていきますが、雨が少ないのか農閑期だからなのかどこの水路も水が少なくて雑魚たちの姿は見えません。

開始1時間後には早くも身の危険を感じて、いざというときにとって置いたこの地域で唯一知っているタナゴパラダイスに行ってみますがここもやはり大減水。あのときたくさん在来タナゴが釣れた思い出の溜まりにはサラサラと水が流れてしまっています。

ちょっとだけ残っていた流れが緩んだところでは反応があるものの釣れるのは細長い魚ばかり・・・

20170225細い魚120170225細い魚2

それでも魚の姿が見れてホッとする。


さらに魚の姿を求めて移動しますが今度は水がキレイすぎて魚が見えすぎ。
雑魚たちは捕食者を警戒して、接近する外敵の気配に超敏感になってます。

居るのは細長い魚ばかりなのですが、とりあえず魚が居れば釣ってみたいのでそろそろと接近を試みます。
しかしすぐに外敵レーダーに発見されて雑魚たちは大パニック。もちろんそんななかに仕掛けを入れても釣れるハズはなく、しばらくすると魚たちはどこかへ行ってしまいました。

釣っていたポイントはこんな感じ。

20170225あたたかくなったら良さそうなポイント

ウィードに小石、ところどころに貝もあって、良さそうな条件が揃ってます。
暖かくなったら虫エサでミャク釣りすれば楽しい釣りができそうです。

しかし2月のこの日はまだ冬。タナゴの姿は見当たりません。


このままタナゴを釣ることはできないかと諦めかけていた頃にやっと程好い濁りの入ったポイントを発見。


20170225やっと本命
やっと本命のヤリタナゴが釣れました。うれしい・・・

20170225細い魚3 20170225細い魚4 20170225細い魚5
濁りで警戒心が緩んだか、細長い魚も次々と釣れてきます。

タナゴは忘れたころにポロッと釣れる感じ。


同じ流れでもっとタナゴが溜まっているポイントはないか探してみましたが見つけられず。
戻ってみたら濁りも消えて反応もまったくなくなりそのまま納竿。


結局、タナゴは数匹しか釣れず、リベンジを果たせたかどうかは微妙なところですが楽しい釣りができました。

20170225春っぽく撮ってみた

春が待ち遠しいです。


ブログランキング参加中。このときは翌日にもっと厳しい洗礼を受けるとは思っていませんでした。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/996-1708366a