厳寒期のタナゴ釣りに挑戦したいと思っていたのですが、
冬とは思えない暖かい天候が数日続く週末に水元公園に行ってきました。

20170128夕方

到着したときはすっかり夕方。



陽気に誘われて公園内は散歩する人やジョギングする人、自転車に乗る人やよくわからないことをしている人でいっぱい。
釣りをしている人もチラホラ見かけます。

しかし外気は春のようでも水のなかは冬のまま。
到着したときのいつものポイントは沈黙。
先行者でもいれば魚が寄せられているのですが、その様子もないのでしばらくは何もないままエサを打ち続けます。


30分ほどしてようやく反応が出始めました。
でもアタリは目印がゆれる程度の微かなもの。

20170128ミニクチボソ
ようやく釣れたのはこんな関節一個分くらいのミニクチボソ。

気が付くと同じサイズのクチボソが大量に浮いてきていて水中ではヒラ打ちもはじまってます。
ただし細長いヒラ打ちです。

魚の活性は上がってきたようですが、その割にアタリが少ないのでウキ下を浅くして浮いているクチボソの層に合わせてみます。
するとポツポツと釣れるようになってきました。クチボソですが。
しかもクチボソたちはさらに浮いてきてウキ下を浅くしても仕掛けがなじむ前にエサをつつくものだからアタリの出方も変。

このままクチボソの層を狙い続けても本命は混ざらなそうだったのでそこから少しずつウキ下を深くしていきます。
それを何度か繰り返してようやくウキがなじんだタイミングでアタリがでる「アワセやすい層」になってきました。


そしてやっと本命。

20170128タナゴ

「ボウズかも」と思っていたのでホッとする一匹です。


その後は少ないですが丸っこいヒラ打ちもはじまってチャンス到来。
しかし良さそうなサイズのタナゴを2回掛けるも水面でポチャン。チャンス生かせず。


陽も落ちて目印がはっきり見えなくなるころにようやく新子サイズのタナゴ追加で終了です。

20170128新子


あいかわらずギリギリの釣果なのでした。

20170128ギリギリです


ブログランキング参加中。厳しい釣りが続いています。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/992-878e2bcc