西表島三日目(6/25)はカヤックフィッシング

まずはエントリーしたところからすぐの橋脚で一投めから強烈なバイト!

20160625一投めからナイスマングローブジャック!

カヤックの下に潜り込んでグイグイと抵抗してくれたナイスなファイターは
40センチオーバーのマングローブジャックでした。

幸先良いです。最高です!


しかし後が続かず短い朝マズメは終了。
その後は上げてきた潮にのって川を遡りながらマングローブの前面をざっと流していってもまったく反応がなくてちょっと焦りますが、しばらく釣り続けていくうちにマングローブの奥に魚が居ることが判明しました。

ただし奥地は枝や根が張り巡らされていてルアーを横に動かすことができそうにないので、
ポチョっと落としてそのままほっておいても釣れる虫系ワームの出番です。

水面上に覆いかぶさった枝でバシバシ顔をはたかれながら奥地に進入。

そこからさらに奥の根っこのすき間の水溜りみたいなところに無理やりキャスト。


ポチャン!(ワームが落ちる音)

ボフッッ!(ワームが魚に吸い込まれる音)



超至近距離の釣りなのでバイトシーンがまる見え。喰った瞬間に魚が反転して竿がもっていかれそうになるので、なんとか耐えてマングローブ林から魚を引き離してからファイトです。

20160625グイグイ引きます


20160625マングローブジャック1

20160625マングローブジャック自撮り

20160625虫パターン

20160625チヌも釣れます

20160625ナイスチヌ

しかもこんなグッドサイズのマングローブジャックやチヌが喰ってくるので超興奮!


数匹釣ったら虫用ヘッドがボロボロです。

20160625ヘッドはボロボロ



持ち時間半分くらい遡ったら折り返し。
20160625西表島でカヤックフィッシング

しばらく川を下って行くとフローターに乗ったフライマン3人組が川を遡ってきました。
彼らもマングローブに張り付いてキャストを繰り返しています。

帰りも虫パターンでマングローブに付いた魚を拾って行こうと思ってたけど、虫イミテートではるかに上を行くフライが相手ではもう釣れる魚は残って居なそう・・・


案の定、彼らが叩いたあとは反応がまったくなくなったので、広く面を釣る作戦に変更してトップで小振りなジャックを追加して終了です。

20160625オープンエリアでは魚が小さい

翌日の最終日もちょっとだけ釣りをして小物に遊んでもらって帰京。

やっぱり楽しい西表島だったのでした。



そんな西表島からすでに2ヶ月以上、そろそろ南の島が恋しくなってきました・・・

が、まずは明日からお米のおいしい北の国で小物釣り。



準備不足感は否めませんが超楽しみです。



ブログランキング参加中。温泉も楽しみ!
にほんブログ村 釣りブログ 沖縄釣行記へ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/968-649be702