20160726じっと指をみる

帰りの新幹線のなかでボロボロになった指をみるたびに生臭いニオイを嗅いでニヤニヤする。



昨年の秋以来、久しぶりに琵琶湖でバス釣りしてきました。


パートナーはいつものモリモトさん。

彼はここのところ頻繁に琵琶湖に浮いていてまずまずの結果もだしているようです。そして前回の釣行ではスーパービッグは釣れないけど45センチ以上のバスなら安定して数が釣れるポイントを発見したとのことで、久しぶりの琵琶湖で何もわからず釣りをする身としては心強い。


そんなわけで朝イチから期待のポイントへ直行。
どんより曇って今にも雨が降り出しそうな空模様なので、とりあえずトップからスタートです。

エサになりそうなブルーギルも浮いていていい感じ。


まずはポッパーに出てドキッとさせてくれたのは豆バスくん。
楽しいけど狙っているのはキミではないんだよ。

20160726ポッパーにチュポッ!



その後もトップとかビッグベイトでザッと流していきますが反応は無く、本命の沈める釣りでサイズアップを計っても予想外の豆バスばかり。やはり一筋縄ではいかないか・・・


やがて大粒の雨が降り始め、このまま続けても状況が良くならなそうなので移動です。
20160726大粒の雨


その後は、沖のウィードエリアでもシャローでも釣れるには釣れるのですが小バスばかり。

20160726持ち上げて落とすだけ
でも予習してきたライトテキサスの持ち上げて落とす釣りで釣れたのはちょっとましなサイズ。(ただし琵琶湖に期待するサイズにはほど遠い)


その間も雨は強弱を繰り返し降りつづけ、カッパを着ていてもいつの間にか水が入りこんで全身しっとりに。さらに冷たい風も吹いてくるようになり、うすら寒さを感じる始末。脱水症状を恐れて大量に持ち込んだ飲み物は減るわけもなく、湖上で食べようと思っていたすだちぶっかけうどんなんて食べる気にもなりません。


そして昼過ぎに入ったポイントでようやくまともなサイズがでました。
20160726やっとまともなサイズ

そのあともナイスサイズが連発です。

20160726たしか47センチ

20160726アフターっぽい

20160726これは48センチ

20160726モリモトさんも堪能


ただしみんな痩せ気味のアフターっぽい魚ばかりなのでイマイチ元気がない。
こんなときにはカットテールやプロセンコーをアクションを付けずにただフォールさせるあっさりした「素うどん」使いが好調です。

20160726スモラバでも
胃にやさしいスモラバのふわふわ感も人気。


「太い!重い!」

さらなるサイズアップを計ってウィードの中を狙っていた森本さんにそれまでとは明らかに違うデカバスがヒット!

が、残念ながら浮かせる前にバレてしまいました。


マネしてボクもウィードの中へ。

そして・・・


20160726 54センチ!

ググッときました2年ぶりの50アップ!

最後の最後に琵琶湖らしい魚が釣れて良かった~。
ナイスガイド!モリモトさん!


と、これを書いている今でも指に少し残っているバスの歯型。

楽しかったなぁ琵琶湖、ああ楽しかったなぁ。

また行きたいなぁ・・・

すぐにでも行きたいなぁ。


でも週末は亀山に浮く予定。


この勢いでビッグバス釣れてこい!

20160726楽しかった琵琶湖


ブログランキング参加中。次はパンチか?
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/963-b8805c2b