20160623ヤマネコの出る道

いつヤマネコが出てきてもおかしくない道。



西表島での楽しみのひとつ「夜の生き物探し」。

今回も滞在していた三日間、夜釣りの合間や移動中に毎晩島内をウロウロしていました。


そんな初日の夜。

20160623サイカブト♀
タイワンカブトムシ。別名サイカブト。

本州のカブトムシのメスのような見た目ですが、サイカブトのオスも小さいツノしか持たないので一見するとみんなメスのような見た目。でもこれはメスです。(オスのツノはもうちょっと大きい)

20160623ヤシガニ大
おそらくボクが出会ったもののなかでは最大級であろうヤシガニ。

片手持ちで記念撮影したかったんですが身(=指)の危険を感じて断念。
サンダルで踏みつけて動きを封じようとしてもそれをグイグイと押しのけるほどのパワーでした。

20160623サキシマヒラタ♀ばっかり
サキシマヒラタクワガタが集合しています。
なぜかメスばっかり。

20160623セマルハコガメ
セマルハコガメ。
西表島でも石垣島でもよく見掛けるボクにとって身近な天然記念物。
結構道路で見かけるので車に轢かれないか心配です。


そして二日目。

この日も巨大ヤシガニ出現。

20160625ヤシガニ大
やはり少しの間だけしか動きを封じることしかできず自分のチカラのなさを実感。

20160625怒りのオカガニ
ついでにオカガニにもスゴまれる。

20160625ヤエヤマノコギリクワガタ♂

今晩もメスのクワガタばっかりか・・・と少しがっかりしていたらオスでした。
貧相なアゴのヤエヤマノコギリクワガタです(たぶん)。

ほかにもサイカブトとカミキリムシを発見してこの日は力尽きる。
20160625サイカブト 20160625キボシカミキリ


三日目の夜。

日中にカヤックで釣りをしていた(後日ブログに書きます)ので疲れが残っていたけど、最後の晩だったので出動。

20160625ヤシガニ小
いままでで一番小さいヤシガニに出会う。
オカヤドカリの殻がないヤツと言われても納得してしまいそうなサイズ。

でもやっぱりチカラは強かった。
20160625ちいさくてもチカラは強い


そして最終日。

帰りのフェリーに乗るために大原港へ向かっている途中、段差に阻まれて車道から脱出できないでいるセマルハコガメを目撃。車を停めて救出です。
20160626セマルハコガメ

20160626こうなると出てくるまで時間がかかる
しかしこうなってしまうとなかなか出てこないので藪の中へ放置してその場を離れました。
無事に森へ帰れたでしょうか。


こうして今回は残念ながらヤマネコに会えずじまい。
そんなハナシをお土産物屋さんの方に話していたらヤマネコのレアな動画を見せてくれました。

20160626にせものヤマネコ



ところで・・・

今回の滞在中に車に轢かれたヤシガニを何匹か見ました。

小さなカエルやカニならともかく(もちろんかれらも轢かないに越したことはない)大きなヤシガニは結構目立ちます。

そんなヤシガニたちを轢いてしまうということは、もしヤマネコが出てきたとしても・・・


このブログを書いている7/22現在、ヤマネコが被害にあっている交通事故が今年になって6件起こっていて、これは過去最悪のペースだそうです。


(自戒も込めて)野生動物の居るエリアではゆっくり運転しよう。


ブログランキング参加中。ゆっくり走れば野生動物も見つけやすい。
にほんブログ村 釣りブログ 沖縄釣行記へ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/962-f02d619a