屋久島二日目は「縄文杉」に会いに行ってきました。

縄文杉といえば樹齢2500~7000年(アバウト)とも言われている杉界のスーパースター。
そんな縄文杉ですから簡単にお会いすることはできません。

往復約20kmの山道を歩かなければならず、所要時間は約10時間とか。
もし行くとなれば3日間(実質2日)しかない釣りができる時間がかなり減ってしまうし、釣りをする体力も大きく削られてしまうおそれあり。

だからはじめは縄文杉なんか見に行かないで釣りばかりしていようと思っていたのですが・・・

それを知ったみんなから「もったいない」「見に行ったほうがいい」「人生観変わるよ!」なんていろいろ言われて、
それじゃあって行ってみることにしました。

20160604森の中
森の中で妖精ごっこ。


二日目の超早朝、予約していたお弁当屋さんでお弁当とバスのチケットを入手。

4:30 屋久杉自然館の駐車場に到着。マイカー規制があってここから先へ進めないため、車を停めてバスで出発点の荒川登山口へ向かいます。
20160604屋久杉自然館朝4時半

駐車場に着いたときにはボクの前には4名の一組だけ。当日は雨の予報だったからみんなトレッキングを中止したでしょうか。車を停めるとすぐに係りの人がやってきてバスの「席とり」を薦めてきたので、とりあえずザックをバス乗り場に置いてから準備したり朝ごはんを食べたりして時間をつぶします。そうこうしているうちに人がどんどん増えていって始発バスが来る頃には50名を超える人で待合所はいっぱい。さすが人気のトレッキングツアー。そのほとんどがガイドさん付きの団体さんで、ボクみたいなソロハイカーは数えるほど。みんなバスに乗れるんでしょうか?

ちなみにこの日は朝から90名ほどが出発したみたいだけど、ことしのGWのピークには一日のハイカーが1500名以上いたそうで、トレッキングコースは大渋滞。そんな日は予定もなにも狂いそうで大変です。


5:20 登山バスは出発。くねくね山道を30分ほど走って荒川登山口に到着です。
20160604荒川登山口

ここで団体さんたちは準備したり注意事項を確認したりしているようですが、単独のボクはすぐにでも出発可能。

20160604出発!
6:00 いよいよトレッキング開始です。


20160604トロッコ道
スタートしてからしばらくはトロッコの線路の上をひたすら歩きます。

20160604トンネル
素掘りのトンネルを通るときは探検しているみたいでワクワクします。

20160604橋には柵が無い
こんなむき出しの橋で川を渡るときにゾワゾワするのも楽しい。

ポツポツと降ってきた雨も緑を濃くしてくれているようで良いです。


でも枕木の間隔にあわせて歩いてしまうので歩きにくい。
ただし途中から枕木の上に板が渡されるようになってかなり歩きやすくなりました。

20160604名も無き杉

30分ほど歩いていくと早くも巨木出現。
こんな名も無いマイナー杉でも結構な迫力です。


20160604もののけ的風景
森のなかは苔やシダがいっぱい。緑だらけで目が良くなりそうです。

20160604リアルモリゾー
おっと、こんなところにモリゾー発見。

20160604河原にはツツジ
20160604何の花でしょう?
花もこうしてちょっとだけ咲いています。


20160604楠川分れ

スタートから1時間ほど歩くと「楠川分れ」という分かれ道があってこれはその近くの道標。
それによると縄文杉まではあと175分。まだまだ先は長いです。

20160604バイオトイレです
そして少し先にはバイオトイレ。ここは我慢しないで行っておこう。


ちょっと開けたところに差し掛かったらヤクシカ発見。
こちらが一人だけのせいなのかビックリすることもなく食事を続けていました。

20160604ヤクシカに警戒心なし


スタートから1時間40分、メジャー杉のひとつである「仁王杉」の前で仁王ポーズ(イメージ)

20160604仁王杉の前で仁王ポーズ

20160604歩く

そしてさらに歩き続け・・・


20160604トロッコ道もこれでおしまい
8:05「大株歩道入り口」到着です。


ここまで長かったトロッコの線路に別れを告げていよいよ屋久島の山へと入っていきます。


が、分量が多くなってしまったのでこの先は次回。


ブログランキング参加中。大株歩道入り口の奥にもバイオトイレあり。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/955-8f1d5c0f