20150913<strong>トミヨ</strong>♀

こんなん釣れました。



秋田遠征最終日も朝から行き当たりばったりのポイント開拓です。
二日目とは大きくエリアをかえて北のほうへ行ってみました。

20150913バラタナゴ
まずは山の中の小さな池で予想外のバラタナゴ。

が、その後はタナゴ類に出会えないままウロウロ・・・

雨も降ったり止んだりで、ときどき強くなったりするので集中力も途切れがちになり
ポイント探索も雑になってしまいました。


そんななか立ち寄ったある池で釣れたのが冒頭の魚。

とってもクリアな水には水草が生え、底には石がゴロゴロ。

なじみのないシルエットの小さな黒い魚がポツポツと定位しているのが見えます。

他の魚が近づくと追い払っているのでナワバリ意識が強いようです。

赤虫をつけた仕掛けをソッと落とすと近づいてきてパクリ。

とてもあっさり釣れました。

20150913トミヨ淡水型1

骨っぽいカラダにトゲトゲのヒレ・・・これってトゲウオ?


東北地方に住んでいることは知っていて、タナゴ釣りの外道として釣れることがあることも知っていていつかは釣ってみたいと思っていたのですが、こうして今回釣れたのはまったく予想外でした。

東京に戻ってから名前を調べたら(魚図鑑サイトで質問しました)
トゲウオの仲間の「トミヨ属淡水型」じゃないかって教えていただきました。
なんだかアバウトな名前のようですが、それはそれでレアな魚感があって良いです。


このトミヨ、見つけてエサを落とすとほぼ100%食ってきて、簡単に釣れます。
そのあとは魚を見つけては仕掛けを落として釣り上げる、の繰り返し。

ここで釣れるトミヨには色違いの個体が二種類いて、

20150913トミヨ♂
こういう真っ黒い個体は婚姻色のでたオスのようです。

20150913トミヨがいっぱい

このくらいのトミヨをあと2回分釣ったのですが、その間まったく他の種類の魚を見かけません。
あとで池の水温を計ってみたら15度ほどと低水温だったのが理由なのでしょうか。

いずれにしても予想外の魚にひとり静かに大興奮。
もちろんこの池をGPSに記憶させたのは言うまでもありません。


そのあとは道の駅にある食堂に寄ってしょうが焼き定食を食べる。
さすが「あきたこまち」の本場だけあって白めしが超うまい。
20150913超うまい白めし


おいしい食事で英気を養って、今回の秋田旅もいよいよラストスパートです。

雨は次第に強くなり、釣りをするのも辛い状態になってきましたが、
変化のない三面護岸の用水路で変化のあるところを発見。

やっぱり溜まってました。

キタノアカヒレ、タモロコ、ウグイ、オイカワなどが次々と釣れて、
終いには雑魚仕掛けではちょっと大物すぎるコイが集まってきてしまいました。
20150913キタノアカヒレタビラ
20150913雑魚仕掛けにはちょっと大きい

こうしてズブ濡れになりながら最後まで秋田の雑魚たちを堪能。

しっとりしたカラダを温泉で温めて秋田発羽田行き最終便で帰京です。
20150913秋田は温泉もすばらしい


ゼニタナゴを釣るという課題は次回以降に残してしまいましたが、
釣りの旅では初のテント泊をしたりヤリタナゴやトゲウオを釣ることができて
自分なりに収穫が多かった旅でした。


また来るぜ、秋田!

20150913なまはげと挨拶

ブログランキング参加中。なまはげとイェイ!
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/915-0551e1af