朝から雑魚釣りポイント開拓の旅。

いちおう事前にピックアップしておいたいくつかの池を目指しつつ、
移動中に気になった場所にも寄ってみる。

究極目標はゼニタナゴが住んでいるポイントを見つけることなのですが、
実際に行ってみなければなにが釣れるかわからないし、なにも釣れないかもしれない。
でもこういった開拓の旅はわくわくします。

で・・・



20150912ニシキゴイ
最初に寄った池ではなぜかニシキゴイ。


いくつもある池を転々としながらパラダイスを探していると、

山道を登ってたどり着いたのに
水抜きされていて釣りできなかったり、
20150912干上がってる

鉄分が多い(?)せいで赤っぽい池はいかにも釣れなそうで、

20150912鉄分多め
やっぱり釣れなかった。

逆に、こんな雰囲気バッチリで釣れそうな池なのに

20150912いい感じの池だが
なぜか釣れない。


もちろん釣れる場所もあるのですが、
クチボソ・アブラハヤ・オイカワなどの細長い魚がほとんど。
20150912クチボソ 20150912アブラハヤ 20150912オイカワ

なかなかタナゴに行き当たりません。

ようやく途中の川でキタノアカヒレタビラがちょっと釣れただけ。
20150912キタノアカヒレタビラ1


これではあんまりなので、前日にみつけたキタノアカヒレ池に行って
やっぱり釣れるキタノアカヒレに慰めてもらいました。
20150912キタノアカヒレタビラ2



そして気が付けば二日目も夕方・・・


最後のポイントと決めて寄った場所はちょっと水深があって流れがある川。

ウキを使った仕掛けでは釣り辛かったのでゴツンコ仕掛けを使ったミャク釣りに初挑戦。

この「ゴツンコ仕掛け」はいわゆる「胴つき仕掛け」でルアー風に言えばダウンショットリグ。
これでポイントを直撃してちょっと仕掛けを弛ませて誘うと・・・

20150912キタノアカヒレタビラ3

やっぱりここでもキタノアカヒレ。でもちょっといいサイズ。

そして、いままではウキ釣りばかりだったのでミャク釣りの感覚が新鮮で楽しい。
ポイントを狙いやすいし、アタリがダイレクトに伝わってくるのも良いです。

魚が多いポイントに当たったらしく、流れの変化しているところとか障害物のまわりに仕掛けを入れるといい感じでアタリがあって練習になります。

と、立派なタナゴが釣れました。

20150912ヤリタナゴ

秋田県でははじめてのヤリタナゴ。かなり嬉しいです。
あんまりしっかりした体型だったので、はじめはフナかと思っちゃいました。

その後もキタノアカヒレに混じってヤリタナゴを数匹追加。
ようやく秋田でもヤリのポイントを見つけることができました。

ゴツンコ仕掛けの釣りも体験できたし(おかげで一週間後の琵琶湖のまわりの用水路で爆釣)
なんだか雑魚釣り階段を一歩前進できた感じです。


ブログランキング参加中。と、一ヶ月以上前に思ったのでした。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/914-a1f59fd7