水元公園で本格デビューしたタナゴ釣り。(まだタナゴ釣ってないけど)(12月19日の記事参照
釣りものの少ない冬にはとっても貴重な獲物です。(まだタナゴ獲ってないけど)
いや、冬の釣りというだけじゃなくても面白い釣りですよ。

そんなワケで小物釣りにまた行ってきましたよ。(タナゴは期待してません)
今回の釣り場は埼玉県の某沼。
画像を見ればスグにわかっちゃうかも知れませんが・・・

別に小物釣りが盛んだとか、タナゴが釣れるからという理由で選んだわけではありません。
東京近郊で釣りが出来る、行った事がない場所で探してたまたま見つけた場所です。

埼玉県某沼

今日は14時に釣り場に着きました。
ほとんど事前情報が無かったので果たして小物が釣れるのか
さっぱりわかりません。
散歩して帰る可能性もアリ。

とりあえず沼を一周してみました。
ヘラ師らしき人もいますが、短竿で足元を釣る「タナゴ釣りスタイル」の人が結構います。
(後でわかったのですが、翌日小物釣り大会が開かれるそうで、その練習の人達らしい)

数は多くないのですがクチボソを釣り上げている人もいます。

よ~しやってみるか
俄然ヤル気になってきます。で、適当な場所で釣り開始。

某沼小物釣り
こんな感じで釣ってます。

水元に行ったときには釣り人が固まっていて釣れる場所がハッキリしていたのですが、
この沼は釣り人がまんべんなく居て、どこが釣れるのかわかりません。
ウロウロしながら探ってはみたものの、アタリすらありません。

とにかく常連さんがどんな釣りをしているのか観察してみることにしました。
小さなクチボソをポツポツ釣り上げている人の隣に陣取ることに。
その人は10cm四方のちいさなスポットに仕掛けを打ち込み続けています。
アタリは頻繁にあるようです。

どんな釣り方をしているのか聞いてみました。
この人も明日の釣り大会に出場するとのこと。
地元の釣りクラブにも入っているようです。
この沼を中心に埼玉県、茨城県などいろんなところで小物釣りを楽しんでいるそうです。

この人、かなりの手練とみた

隣で釣っていても私にはまったく釣れません。
隣の人(以下、師匠と呼ばせていただきます)は相変わらず釣っています。

そのうち師匠が帰り支度を始めました。
すると、「このスポット、よく当たりますよ。」ってポイントを譲ってくれました。

なんて優しい

そのナイススポットに入っても私には釣れません。
師匠は帰り支度を中断していろいろアドバイスをしてくれました。

エサのつけ方からタナの取り方、
ウキを沈める釣り方でのオモリのバランスの取り方、
(それまではウキを浮かせる釣り方をしていました)
さらには使っているエサとハリまでいただいてしまいました。

し、ししょ~~~う(注:師匠)
ありがとうございますぅ~。(涙


一時間くらいでしょうか、
自分は釣りもしないで一生懸命教えてくれました。
本当にありがとうございますっ

いろんなテクニックを教えていただいたのですが、
特にハリの違いが釣果を大きく左右するって言ってました。

私はセットになっているタナゴ釣り仕掛けを使っていたのですが、
そのハリじゃあハリ先の部分が大きすぎるんですって。

師匠も含め、ベテランさんは市販のハリを研いで針先を小さくしているそうですが、
市販でも十分なクオリティのハリを教えていただきました。

こちら。
極タナゴ
がまかつの「極タナゴ」です。
なんと5本入り500円。
うっひょ~、たっか~い!
ですが、もちろん即ゲット

ハリ先比較
左:極タナゴ 右:セットのタナゴ針 (一番左端:えんぴつの先)
でも違いは歴然。針先がぜんぜん違います
タナゴ釣りでも何倍も釣果が変わってくるそうです。

その後、いただいた小さな針先のハリで夕方までがんばって、
クチボソ3匹とエビ3匹を釣ることが出来ました。

クチボソ3

釣果はイマイチだったけど得るものは大きい釣行でした。
なんだかレベルが上がった気がします。
タナゴにも一歩近づいたかもね。

はやく教えてもらったテクニックを他で試したいな~。

某沼夕暮れ

やっぱり釣りって面白い


釣りのレベルも上がったし、ブログのランキングも上げてください。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
↑ブログラング参加中。ポチッとお願いします。
←FC2ブログさんにも参加中。ついでにポチッと。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/91-a3320563