もうずいぶん昔のことのように思われますが、
西表島滞在三日目の6月13日のこと。


この日はこの旅最大のイベント、石垣島から二人の刺客を迎えて仲間川でカヤックフィッシングです。

一人はいつものriseさん、そしてもう一人はriseさんの友人の通称「変態師匠」さん。
なんと彼らは石垣島非公認のオオクチユゴイNo.1(48cm)とNo.2(47cm)の記録を持っている強者。

そんな二人がタンデム艇、ボクがシングル艇でスタートです!

20150613変態チーム

ところがスタート直後に事件発生・・・


浅瀬を越えるためにカヤックを降りて歩いて引っ張っていたのですが、
いつの間にかほぼ新品のベイトタックルがいなくなってる!

なにかの拍子にカヤックから落ちたか?

しばらくタックルを探して干潟をウロウロしましたが見つからず、
女神が出てきて金のタックルと銀のタックルを差し出してきて試されることもなし・・・残念。

そうこうしている間にも変態チームはどこかの支流に入り込んでいる模様。


ボクは本流を釣り上がってみました。

20150613ナンヨウチヌ
これはナンヨウチヌ(と思っていましたがミナミクロダイとの疑いあり)

20150613ゴマフエ1
おなじみゴマフエダイ

20150613ミナミクロダイ1
こちらミナミクロダイ

ポツポツと反応はあるのですが、安全のため観光船(けっこうたくさん通る)が近くを通るたびに釣りをストップしてやり過ごすのでなかなか釣りのリズムが掴めません。大物のマングローブジャック(と思う)がヒットしてもバイト即ラインブレイクしたり・・・


やっとまともなサイズのミナミクロダイが釣れました。

20150613ミナミクロダイ2

いいサイズの西表島のクロダイはなんか汚い(失礼)と思うのはボクだけでしょうか。

20150613ゴマフエ2 20150613ミナミクロダイ3

その後もゴマフエ、チヌはポツポツ釣れるんですが、イマイチ盛り上がりに欠ける展開が続きます。
水の動きが悪いのか、暑すぎるのか、それとも他に理由があるのか。

20150613テッポウウオの家

こんなマングローブの根っこに潜む大本命テッポウウオからの反応も皆無。
いちおう姿は見たので居ることは居るようですが・・・


後半戦でようやくプチ盛り上がり。

本流の流れがあたる場所でポッパーをぼんやりポコポコ動かしていると、
突然襲い掛かってきたのは、35センチくらいのロウニンメッキ(大)。

20150613ロウニンメッキ(大)
これくらいのサイズでもカヤックで釣ると主導権を握られかけたりしてなかなか楽しいです。

しかしやはり盛り上がりは単発でこのまま終了時間となりました。
吹き始めた海からの風に逆らってヒーヒー言いながらカヤックを漕いで帰着です。


スタート地点に戻って、ようやく合流できた変態さんチームに話を聞くと、
チヌとゴマフエはたくさん釣ったようですがテッポウウオは1匹のみだったようです。(詳しくはこの記事


もう1月半ほど経ってしまいましたが、あのときはお疲れ様でした。

20150613お疲れ様でした

なかなか良いときにあたらない西表島のカヤックフィッシングでした。


ブログランキング参加中。ちなみにテッポウウオは食べたそうです。
にほんブログ村 釣りブログ 沖縄釣行記へ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/900-bf6528d0