昨年の秋以来、半年ぶりに釣友モリモトさんと琵琶湖でバス釣り。


ここのところ琵琶湖でよく釣れているという情報をあまり聞かないし、
ボクに至っては、ここ数回の釣行で一応の目安である50cmオーバーはおろか、
小バスを釣るのもやっとのくらいの苦戦が続いています。

だがしかし!

50cm、60cm、10パウンダー、世界記録・・・
次の一投に夢のビッグバスが掛かる可能性を秘めている琵琶湖へと行ってしまうのです。

20150424琵琶湖の朝


当日(4月24日)は産卵を意識したプリスポーンのバスを狙ってシャローをまわってみましたが、
やはりというか反応が無いまま朝9時になってようやく1本目。

20150424琵琶湖バス1
ミノーで釣れたのは、予想に反してアフターっぽいバス。


その後、同じポイントで反応はあるものの後が続かないので、
時間が経つにつれて強くなる風のなか移動を繰り返しいろんな可能性を試してみましたが、

とくに何かを掴むことはなく、波しぶきでビショビショになって、
「晴れでも雨支度」というボート釣りの鉄則(?)を再認識したのみ。
20150424水しぶきでズブ濡れ

そうこうしているうちにアッと言う間に時間は過ぎて・・・

最後は唯一まともな反応があったシャローで、同じくミノーを使って2匹追加。
一日で40cm前後のバス3本を釣ったところで終了です。

20150424琵琶湖バス2


一方、モリモトさんは数匹の小バスを手にしたのみ。

20150424こっそりリリース
コチラこっそり小バスを釣り上げてリリースしようとしているモリモトさん。


ボート屋さんに戻ると、この釣果でも最近では上出来なんだそうです。
う~ん、評判どおりの展開になってしまいました。


そして今回はまだ時間があったので陸っぱりで延長戦をしてみると・・・

20150424琵琶湖陸っぱりバス
ノーシンカーワームのスイミングで結構簡単に釣れました。

20150424陸っぱりでも小バス
モリモトさんも数匹追加。でもやっぱり小バスばかり。


春はシャローで釣りやすいので陸っぱりでも楽しめそうです。
しかしせっかく琵琶湖まで来たなら、もうちょっとサイズが欲しいなぁ・・・

20150424琵琶湖の夕暮れ
こうしてドラマチックなことはおこらないまま初日は暮れたのでした。


ブログランキング参加中。二日目は種目を変えます。
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/884-1e0fc4be