久しぶりに東京湾のボートシーバス船「福の神丸」さんにお世話になってきました。

こちらの船長さんは漁師を兼務されていて、お客さんが釣ったシーバスをキープして魚屋さんに卸しているちょっとかわったボート屋さん。そのため8時間で32000円(チャーターの場合、一艇4名まで可)と、長時間かつお得な料金で楽しむことができます。(ただし少し余計にお金を払えばリリースすることも可)

この船のメインの釣り方はいわゆる「穴打ち」。
点在するストラクチャーにルアーを打ち込んでそこに潜むシーバスたちを狙います。
ある程度のキャスティング技術が必要ですが、複雑なストラクチャーの奥にキャスティングが上手く決まってシーバスがヒットしたときには狙って釣った感があって楽しいです。

20150419シーバス


今回(4月19日)は釣り仲間Oとその知人でシーバス初挑戦のYさんとの3人パーティー。
ここのところ日によって釣果にムラがあるようですが、ワクワクしながら朝4時に出船です。


で蓋を開けてみると、大苦戦。

船長は目ぼしいストラクチャーを狙ってかなり移動してくれたのですが、持ち時間残り4分の1を切ったところでなんと3人とも釣ったシーバスはそれぞれ1匹のみ。
20150419 Yさん初シーバスキャッチ 20150419 Oはジグでキャッチ 20150419 ボクもやっとキャッチ

ストラクチャーにかなりタイトに入れ込むとチェイスはあるのですが、それもチョロチョロ。
ボクもここまで60センチ弱のシーバス1匹、バラシ1、チェイス数回で、一匹目が釣れたのは9時半すぎ。
普通のボート屋さんの4時間コースだったらボーズですよ・・・


このまま終了してしまう気配が船内に漂い始めた頃、ドラマはおこりました。


沖のストラクチャーを攻めたあと(やはり反応なし)、近くに鳥山を発見。
一縷の望みを託して現場に急行しキャストすると即ヒット!

その後はダブルヒット、トリプルヒットは何度もあって、ランディングの順番待ちができるほど。

20150419トリプルヒット!

船長も加わって(ときどき船長もキャストする。そしてよく釣る。)4人同時ヒットなんてことも。

しばらくするといつの間にか鳥はいなくなり、ベイトが散って反応が無くなってしまうのですが、
また別の場所に鳥山を発見して急行、そしてみんなでヒット量産!

そんな鳥山の下ではベイトを追ったシーバスが水面を割って飛び出すこともしばしばで、
それを見たボクと友人Oはペンシルをつけて水面で早めのトゥイッチを繰り返すとシーバスたちも高反応。
ワラワラと群がってきて、次々にルアーに襲い掛かってきます。

20150419トップウォーターシーバスゲーム

たいていは一発でヒットすることなくルアーが空中に弾き飛ばされたりするのですが、
2度3度と連続してアタックしてくるので何度目かでヒットします。

やっと巡ってきたチャンスにこちらも水揚げを増やそうとやや強引にやりとりするのでバレることも多いのですが、ハリが外れてもリトリーブを続けるとすぐにまたヒット!

もちろん手堅くミノーを使えばボイルが無くなってもよく釣れる。

20150419マッチ・ザ・ベイト

チャンスタイム中は時間がもったいないので、釣り上げたシーバスはクーラーに入れずにそのままにしておきます。
こうして船内にはシーバスがゴロゴロ転がっていてシーバス汁でそこらじゅうヌルヌル。
そして鳥山が収まると、船長が転がっているシーバスを拾ってクーラーにしまいます。

まるで漁船!ボクら漁師!

「みなさんこのあとの時間は大丈夫ですか?」と時間延長(サービス)を告げる神の声も飛び出して、
終わってみればスタートから12時間、3人(船長を入れて4人)で45~65センチのシーバスを90~100kgくらいの水揚げだったでしょうか、たっぷり釣って大満足の一日になったのでした。
20150419今日の水揚げ


20150419福の神のT船長
T船長に感謝!

こんな楽しい釣りができる福の神丸さんのHPはこちら。
http://www.hukunokami-maru.com/
シーズンがくればボート黒鯛もできますよ。


しかしいつでも鳥山が見つかってこんな釣りができるとは限らないので、
冷静に考えると紙一重ギリギリの一日だったなぁ・・・


ブログランキング参加中。8回ウラからの大逆転といったところ。
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/883-6d8465fd