西表島で知りあったHさんからのお誘いでボートシーバス釣りに行ってきました。

なんでもHさんが1週間前に行ったときにはシーバスがボイルしてボコボコだったみたいです。
ボコボコ・・・当日までは、その様子を妄想してはニヤリとするしあわせな毎日。

そして当日。

この日お世話になったボート屋さんは東京湾マリーナの「シーホース」さん。
Hさんがフライ、ボクがルアーで18時スタートです。

20150221東京湾奥!


まずはマリーナから程近い東京湾奥から。
常夜灯があるマンメイドストラクチャーの際で待ち構えているシーバスを狙います。

と、開始直後にHさんにヒット。さすがです。


これはウワサどおりのボコボコか?と思われたのですが、
天気予報とはちがって風が強く、波に揺れる船からの釣りが久しぶりだったこともあって
思ったところに投げられずにやや苦戦。

さらに反応もイマイチだったので一気に川崎側まで移動です。


川崎側でもはじめは普通のミノーをただ巻きしていたのですが、明らかにフライのほうが反応がいい。
水面直下をスーッと進むフライにアタックしてくるシーバスが丸見えです。

ならばとボクも使っているルアーをフライに寄せてi字系に変更してスーッと引き。

これがよかったのか、ようやく一本目。

20150221ことし初のシーバス
久しぶり!今年初の肉食魚ゲットです。
波でボートが揺れているので画像がブレまくり・・・


常夜灯まわりでボイルは目撃するのですが、適当に投げても釣れるわけではなくて、
ストラクチャーの角とか明暗の境目とかをある程度狙わないとヒットしてきません。
また、出発前にはバチ抜けボイルを予想していましたが、メインベイトは小さなイワシ(?)らしいです。


それでも良いタイミングでポイントに入れれば、

20150221ダブルヒットおじさん
こんなダブルヒットおじさんになることも可能。


しかしそんな状態も長くは続かずいろいろと場所を移動しながらの釣りです。

吹きつける風、うねりを伴った波、移動する常夜灯(!)などに翻弄されつつも
ボイルを狙って数はそこそこ釣ることができました。

ただしサイズはイマイチ。

ボクの最大は60cmあるなし(ない?)のこの魚。
20150221今日イチのシーバス

ヒットしたルアーはすべてリップの無いもので、i字系、シンペン、フローティングバイブレーションなど。
水面直下のフライに対するシーバスの反応を見せつけられていたので、目視できるルアーを中心に選択していたのですが、大型を狙うならもっと沈めてみれば良かったかもしれません。

一方、Hさんが使うフライに対する反応はどこでもルアーより激しかったような気がします。

20150221フライマンHさん

ただし風が吹くなか揺れる船の上からのキャストはかなり難しそうでした。
一応ソルトフライの道具も持っているのでチャンスがあれば挑戦してみようと思っていたのですが、
ボートからのフライフィッシングはボクにはかなりハードルが高いです。


予想していたパラダイスとはちょっと違っていましたが、船長が頑張っていろんなポイントを回ってくれたおかげで
終始楽しい釣りができました。あと、いろんなルアーを試せたのも良かったです。
20150221シンペンでシーバス
20150221フローティングバイブでシーバス


Hさん、楽しい釣りに誘っていただいてありがとうございます。
また一緒に行きましょう!是非!


そしてボートシーバス釣りで次にやってみたい事をいくつかみつけてしまいました・・・


あとはお財布と相談です。


ブログランキング参加中。冬のボートシーバスって釣れる!
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/873-1ed955d8