久々に渋谷の上州屋さんのタナゴコーナーを訪れてみたらこんなハリが売っていました。

20150207一寸タナゴ オカメ
オーナーばりの「一寸タナゴ オカメ」

一寸タナゴシリーズでは、いままで新半月が最小のハリでしたが、このハリが口の小さなバラタナゴ(通称オカメ)の名を冠しているということは、オーナーさんによる最小のハリだよ宣言なのでしょう。

これはマスプロ製品としてはゆるぎない地位にいるがまかつの「極めタナゴ」への挑戦です。(たぶん)



購入して比べてみました。

20150207極めと一寸その2

全体を比べてみると大きさ・形状はほぼ同じ(左が一寸タナゴ オカメ、右は極めタナゴ)
色のせいかもしれませんが、ちょっとだけ極めのほうがシャープな印象。


20150207極めと一寸その1

そしてハリ先を拡大してみると(左が極めタナゴ、右が一寸タナゴ オカメ)、

一寸タナゴのほうがフトコロがやや開き気味。そしてハリ先がやや内向きに曲がっている。
あとは「半スレ」と謳っているとおりカエシが小さい。

ただしそれが実釣でどんな効果があるのかわかりません。

そして何より価格が魅力的です。(極め10本500円、一寸タナゴ14本300円いずれもバラ針)


こうして見た目は極めと遜色なく釣れそうなんだけど、やはり肝心なのはその実力。


ってなワケで早速仕掛けに組んで水元公園へ行ってみましたが・・・



ハリを替えたくらいでタナゴが釣れるようになるほど甘くはないようです。

20150211クチボソのみ
水元連敗記録更新中。


ブログランキング参加中。クチボソは問題なく釣れました。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/870-bfe39d85