春のバチ抜けシーズンにシーバスを狙い始めてことしで3年目。

例年なら3月中頃からはじまるバチ抜け第二陣からスタートしていたのですが、
ことしは1月末から2月にかけてはじまると言われているバチ抜け第一陣から狙うことにしました。

この時期は気温が低くて辛いし釣れないことも多いのではないかと思われますが、
すべてが報われるような一発大物に期待します。


第一回バチ抜け調査日の2月1日は朝4時すぎに満潮を迎えるので出発は朝の2時ころ。
「いや待て、寒いし眠いしどうせ釣れないし今日は行くのやめたほうがいいんじゃないか」
とか暖かい部屋に引きとめようとする自分発信の甘言をなんとか振り払って出発。

マイナスの感情を抱きつつもしばらくすると、
「釣りに行くことを躊躇しつつもこうして出発できたのは何かあるに違いない。これはもしかしてランカーがヒットする予兆だったりして」なんて考えてワクワク。

目的地に着くころには脳内はすっかりバラ色でした・・・・・・・・が、



満潮をはさんで2時間ほどの釣りはノーバイトノーヒットで終了。
バチも見つけられず鼻水を垂らしながら早朝に帰宅したのでした。

20150201運河


ブログランキング参加中。余計に寒さが身に沁みる
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/869-bbf92978