初日から大雪に見舞われてしまった琵琶湖雑魚釣りの旅も二日目。
心配していた雪も夜のうちにあがり、市内は路上の雪もすっかり無くなっています。

20141207今日は雨

そのかわり朝から冷たい雨。




状況はそんなに良くならないだろうからボウズ覚悟で冬のポイントを開拓。
まずは雪が少ないであろう琵琶湖沿いを探ります。
ウロウロしているうちに雨はあがりましたが、まったく反応が無い。
目視で小魚を探しても、まったく見つけられません。

20141207何山だろうか?
こちら遠くに見えるかっこいい山。

しばらくして琵琶湖沿いを離れて山方面に行ってみましたが、
まだまだ前日の雪がたっぷり残っていてやはりポイント捜索は難航。

20141207山寄りは雪たくさん

早々に山側の開拓はあきらめて琵琶湖岸に逆戻りです。


しかしやっぱり魚をみつけられない・・・

春~秋はてきとうにウロウロしていればどこかでタナゴに行き当たるパラダイスのような場所なのですが、あれだけいた魚たちはいったいどこへ行ってしまったのか。


きっと条件の良い場所に魚たちはかたまっているので、その場所さえ見つけられれば爆釣できるはず。
できるはず・・・できるはず・・・できるはず・・・呪文のように繰り返しながら移動を繰り返します。

はじめは理想のポイント像をもっていたのですが、釣れそうだと思った場所でも釣れないとパラダイスの像がぼやけてきて次第にどんなポイントを求めているのか自分の考えに自信がなくなってくる。そして見切りが早くなって竿も出さずに次々とポイントをまわってしまう。そのうちに目的が魚がいるかどうかの確認からより多くのポイントを見てまわることにシフトしていく・・・

こうして完全に雑魚釣りの迷宮に迷いこんでしまいました。

あまりにも釣れなくて行き倒れてしまうかも。

20141207猛禽類たち
こちらそんなボクの屍肉を狙う猛禽類たち。


結局、初日に唯一タナゴを釣ることができたポイントでアブラハヤの猛攻のなかからやっとヤリタナゴを一匹釣るのが精一杯。ほぼボウズです。
20141207アブラハヤ
20141207ヤリタナゴ


天候に恵まれなかったのもあると思うのですが、冬のタナゴは手強いです。
やっぱり遠征は良く釣れる春~秋だけにしておこう・・・





とは思いません。

真冬の借りは真冬に返す!



いつか、きっと・・・たぶん。

20141207帰りの駅弁はうまかった


ブログランキング参加中。こんなときにもタナゴはどこかにいる。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/858-2fb88f17