夏休みの雑魚釣り遠征が終わるとすぐに秋にもう一度遠征しようと思っていたのですが、
なんやかんやと決行日が遅れてようやく12月になって計画を実行することになりました。

そして12月6日、目的地の滋賀県へ向かう新幹線が名古屋を過ぎてしばらくすると・・・


車窓からみえる景色は真っ白!

20141206岐阜の車窓から


正直びびりました。



天気予報でこの地方に雪が降ることを知ってはいたものの、そのときの予報は雪またはみぞれ、そんなにひどくならないだろうと思っていましたが、現地はまるっきり雪です。

しかもすごい降ってる・・・

到着したときにはすでに雪が積もりはじめていて、レンタサイクル(こんなときでもレンタサイクル利用です)の管理人のおじさんは自転車を貸すのに渋々。

20141206こんなときでもレンタサイクル

いつまで釣りができるかわからない状況だったので、
ひとまず春~秋で魚をストックしていたポイントを四ヶ所ほどまわってみましたが、
そのうち一ヶ所でヤリタナゴが2匹とアブラハヤ(アブラボテだったらよかったのに)が数匹釣れたのみ。

20141206ヤリタナゴ

20141206アブラハヤ

で、あとはカスリもせず。


そのあいだにも雪はどんどん降りつづけ、だんだん勢いが増しているような・・・

20141206これ以上自転車で走るのは危険な気がしたころ

自転車のタイヤに着雪してペダルが異様に重くなってくるし、
轍にタイヤがとられて横滑りするようになってきたところでこれは危険と判断。
予定を早く切り上げてレンタサイクルを返却することにしました。

ちなみにレンタサイクルの管理人のおじさんによると、この辺は1~2月は大雪が降るけど
初雪(!)でこんなに雪が降るのはとっても珍しいことなんだそうです。


この時点で13時。


この後とくにやりたい事もないしホテルにチェックインするには早すぎるので、
駅の近くのポイントを歩いて見てまわることに。

しかしガンガン降ってくる雪にだんだんテンションが上がってしまって、
遠くのポイントを目指しはじめてしまいます。


駅から離れていくにつれて強くなっていく雪のなか、
だれも通っていない雪道をラッセル。

20141206ラッセル!


カーブからあらわれた車がすごいドリフトでやってきたのかと思ったらスリップして横滑りしているだけだったり、イタチ的な謎の生き物が雪原を跳ね回っているのを目撃したり、このまま旅を途中で切り上げて東京へ帰るにはどうしたらいいかとか考えながらの楽しい(?)雪中行軍です。

20141206イタチ的謎の生き物の足跡
イタチ的な生き物の足跡。

そんなこんなでようやく目指すポイントに辿り着きましたが、岸沿いには雪が溜まって「雪庇(せっぴ)」のようになっていて危なくて近づけないし、除雪車がゴンゴン走っていて道沿いの水路は跳ね飛ばされた雪で埋まってしまっていて釣りができません。

20141206除雪車カッコイイ!


それでも何ヶ所かで竿を出してみましたが、まったく反応なし・・・というか釣りなんてやってられん!

20141206雪の小谷城ロケ地
20141206南天
20141206キャベツ雪に埋もれる
20141206春になったらまた来たいポイント
20141206雪国では凍結防止に水がピュー
20141206あんまり寒さは感じなかったけど1℃

こうして雪道を4時間ほど歩き回ってようやく隣の駅に到着。


ここまで悪天候が突き抜けてしまうと釣れていないこととかどうでもよくなって、
なんだか釣りにやってきたことも忘れかけてスノートレッキングを楽しんでしまいました。

20141206アルパインクロージングってすげえ


そして旅はあと一日。
冬の雑魚釣りの可能性をちょっとでも掴んで帰りたいと思いますが・・・


さて、どうしよう。


ブログランキング参加中。いい運動になった。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/857-c25acaa3