これは1983年、まだ世界が東西冷戦によって大きく二分されている頃の話。


当時のアメリカ大統領ロナルド・レーガン(ロン)と日本の中曽根康弘首相(ヤス)の会談が東京都日の出町にある中曽根首相の別荘「日の出山荘」にて行われた。

その会談を通じて、現在もつづく日米安保路線をより広く世界に示したと言えよう。

そこで両名は互いのことを「ロン」・「ヤス」と愛称で呼びあったという当時の日米関係の蜜月ぶりをあらわすエピソードが残されている。

このような歴史的会談の舞台となった日の出町は一躍世界から注目されることとなり、その後この会談を記念したみやげ物が作られることとなった。そのひとつが互いの愛称から名を冠した「ロンヤス饅頭」で、五日市町(現在はあきるの市)にある和菓子店「幸神堂」が作ったもの。


あれから30年、国際情勢は目まぐるしく変化し日米関係もそれにつれて変化を続けている。


一方、あの「ロンヤス饅頭」は・・・








20140823ロンヤス饅頭

まだある。


ブログランキング参加中。姉妹品の山荘最中もある
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/843-e57de62b