2014.07.16 椰子蟹万歳!

6月の石垣島遠征最後の夜。
とある河口で夜釣りをしていたときのこと。

通りかかったオジィが話しかけてきました。(よくあることです)

釣れたとか釣れてないとかこの時間はここがいいとか今はダメだとか話していると、
オジィがなにやら獲物をかかげてこちらに見せてきました。

そ、そ、それって・・・



ヤシガニじゃないですかー!



もう釣りなんてやってる場合ではありません。
急いでヤシガニ、もといオジィの元へと急ぐボク。

思ったよりも小さいけれどはじめての生ヤシガニ。

20140614オジィのヤシガニ1

かっこいいよ~、かっこいいよ~、ヤシガニ~。


持たせてもらおうとオジィにお願いすると、手渡しはしないで地面にヤシガニを置くオジィ。
やっぱり手渡しは危険なのでしょうか、それともオジィからの挑戦状なのか。


ともかく自力(?)で捕まえることに挑戦です。

以前なにかのテレビで見た記憶(あいまい)によれば、ヤシガニの甲羅をうしろから踏んづけて、
動きを止めてからハサミを掴んで捕まえていたような・・・

そこでヤシガニのうしろにまわり込もうと試みますが、
ササッ、ササッと思いのほかすばやく向きを変えてなかなか背中を見せません。

そんなアマレスの組み手争いみたいなことをしばらくやっていたら、
業を煮やしたオジィがガシッ!と手のひらでヤシガニを上から押さえ込んで簡単に捕まえてしまいました。

すごいぞ、オジィ!

20140614オジィのヤシガニ2

もうちょっと大きくなるとこの捕まえ方は危険だとか。
ちなみに、このぐらいの大きさで三歳くらいらしいです。

その後、オジィは「もう道路に出てくるんじゃないぞ」とかなんとか
ヤシガニに言い聞かせて藪にかえしたのでした。

なんてかっこいいんだ、オジィ!

結局、ヤシガニのブツ持ちはかなわず。
まあ人様のヤシガニなので仕方がありません。

いまのボクにはまだ早いってことか・・・




とか思ってたら、その日の数時間後、道路を歩くヤシガニ(さっきとは別のやつ)に遭遇。

20140614ボクのヤシガニ1

オジィのやつよりひとまわり大きい青いやつです。

20140614ボクのヤシガニ2
こことかこことかかっこいい、いや全部かっこいい!
オジィのヤツよりかっこいい!


オジィの教え(?)に習って、なんとか上から押さえつけることに成功。
しかしハサミを持って持ち上げようとすると、残りの脚で激しくガシガシと抵抗されて失敗。
こんどはハサミと残りの脚を束ねて持ってみたら、


20140614ボクのヤシガニ3

成功!


しばらく観察した後はオジィのように語りかけつつリリースです。

もう捕まるんじゃないぞ。

そして、もっと大っきくなってからまた会おう!



・・・あれ?矛盾?



ブログランキング参加中。大物に出会ったときに捕らえる方法を学ばねば。
にほんブログ村 釣りブログ 沖縄釣行記へ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/819-ec845f4e