石垣島三日目は今回の旅のメインイベント。

朝からriseさんと待ち合わせして離島ターミナルからフェリーで西表島入り。

そこで某有名釣具メーカーのHさんと合流して、3人でカヤックフィッシングです。
riseさんとHさんがタンデム、ボクがシングル艇でいざ出発。

20140524西表島カヤックフィッシング

そして狙うはあの魚、

超わくわくします!


水際までマングローブ林にビッシリ覆われた両岸はどこへ投げても釣れそうな感じ・・・
はじめての場所ではいつもこうなのですが、ここ西表島ではとくにそう思ってしまいます。

20140524マングローブフィッシング

しかし本流では反応がイマイチ。
どこでも釣れるわけではないようです。

しばらくカヤックを漕いで、上流にある支流にはいってようやくヒット。

20140524オキナワキチヌ?
オキナワキチヌ(か?)
南の島ではチヌ類の魚がなん種類かいるけど見分け方がよくわかりません。

この支流内では反応が多いのですが、なかなかハリ掛かりすることができずに苦戦です。

そうこうしているあいだにriseさんが例の魚をキャッチ。


どうやらあの魚はかなりタイトにマングローブについているらしく、
根っこにルアーが刺さるくらいの勢いでキャストすると反応があるようです。

ただしキャストがヘタなので、実際にマングローブにルアーが刺さって何度も回収・・・


そうこうしているあいだにHさんもあの魚をキャッチ。うらやましい。


ボクはと言えば、

20140524マングローブジャック
ゴマフエ(マングローブ林のなかで釣る本当?のマングローブジャック)とか

20140524ホシマダラハゼ
ホシマダラハゼとかチヌとか釣ってますが、いまだ本命には出会えず。


そのうちに二人はあの魚の好ポイントに入ったらしく連発しているみたい。

Wヒットしたりしておっさんたちはキャッキャしながら盛り上がっているご様子。

その声がジャングルにこだまして、対岸を釣っていたボクの耳にも届く・・・・・ぐぬぬぬ。



ひとり寂しく釣っていたボクですが、遂にそのときがやってきました。


魚が隠れていそうなポイントでギリギリにルアーが着水。
すぐにポッパーがジュボッと吸い込まれ、


うわーい、やったー!

これがこの旅の大本命、

テッポウウオだ!

20140524テッポウウオ!

日本ではここ西表島の一部河川にしか住んでいないと言われ、
正式に確認されたのが1986年というかなり新しくレア度の高い魚だと思います。
口で水鉄砲のように水を飛ばし、樹上にいる虫を打ち落として食べるからことからこの名前、
今回も実際に水中から水がピューって飛んでましたよ。

なんだか野生動物のテレビ番組をみているみたい。(いや、こっちが本物)


このあとも反応はあったのですが、二匹目のテッポウウオには出会えず、

20140524ミナミクロダイ?
ミナミクロダイ(か?)

20140524オキナワキチヌ?その2
オキナワキチヌ(か?)

20140524コトヒキ
コトヒキ(これは確実)

とかを釣り上げて終了。
時間いっぱいまでみなさんお疲れ様でした。


今回、3人全員がテッポウウオを釣り上げているので、
(riseさん4匹、Hさん2匹、ボク1匹)
魚影はそこそこ濃いのではないかと思います。

また、狙い方(魚の付き場所)もなんとなくわかってきたので、
次回はもっと効率良く釣ることができそう。

たとえばルアーを木に引っ掛けて、それをテッポウウオに打ち落とさせて喰わせる
「リアル虫捕食生態パターン」とかできたら楽しそう。


マングローブ林のなかでの釣りはロケーションも良いし、
まだまだ未開の部分が多そうな西表島の釣り。

いや、もう、最高です。

20140524最高!


こちら関係ないけど、
帰りのフェリーのエンジン音がうるさくてタオルを耳につめるriseさん。
20140524うるさい?


ブログランキング参加中。最終日は短時間で勝負だ!
にほんブログ村 釣りブログ 沖縄釣行記へ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/809-06ccefe6