前回の釣行から2~3日後、友人から引き続き運河が好調との報告。
これは行かねば。

20140502バチ抜け

仕事を終えたその足で東京湾に行ってきました。


現場についたのは満潮から下げはじめたまさにベストタイミング。
はやく釣りたくてアワアワしながらポイントへ向かうと、
ちょうど引き上げてきたばかりの釣り人に遭遇。

これからいい時間なのにナゼ?と思いながら情報を聞いてみると、
バチは大量に抜けているのに魚がいないみたいでまったくダメ、とのこと。
いやいや、そうは言っても・・・と思いつつポイントに行ってみたら、


それはもうものすごい大量のバチが水面を泳ぎまわっています。
まるで雨の日の水面のような波紋がでていて、その波紋がすぃ~って動いている感じ。

うう・・・伝えられない。

そう、釣り人にわかりやすく説明するなら、
水中は瓶入りガルプのピンテールワーム(未使用)のようなバチ密度。

とにかくすごい数。
これが本当の「バチ抜け」なんですね。
でも、さっきの人が言ってたように魚に食べられている様子はありません。
そりゃあ、こんなにエサがあるんだったらなにも危険を冒してまで
水面までエサを食べにでてくる必要もないでしょう。

こんななかでニセモノのエサであるルアーに喰いつかせることができるのか・・・

いやいや、このときのために練られてきたバチ抜け時期の釣りであり、
各メーカーが作ってきたバチ抜け用ルアーです。負けるものか!

なんてことを考えながら数投目・・・

ゴンッ!

な~んだ、釣れるじゃ~ん。

と余裕で魚を寄せてくると想像よりも大きなシーバスが見えました。
そして突然激しく抵抗され、「パーン!」という音をたててミチ糸がラインブレイク。
ナチュラル感をだそうと使っていた4ポンドライン(ナイロン)が裏目にでてしまいました。

この前の60センチよりもぜんぜん大きかったのに・・・
いま一番信頼しているルアーを持っていかれてしまった・・・
しかも一個しかも一個しか持ってなかったのに・・・

なによりルアーが付いたままの魚が心配。
どうかポロッとルアーがはずれますように。

こういうときは得てして流れが悪くなってしまうもの。

シーバス(らしき魚)はこれっきり。
ボイルがおこったと思ったら、ボラ。
ボイルがおこってなくても、ボラ。

20140502ボラ

下げ潮前になったら魚っ気がなくなったので撤収です。


バチ抜け攻略失敗!


ブログランキング参加中。次回からはもうちょっとラインを太くします。
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/796-feb64d90