ついに迎えた最終日。
ここは2008年8月16日の岩手県です。

今日は夕方の新幹線に乗らなければならないので、
夕方6時に盛岡駅に帰らなくてはいけません。
遣り残しが無いようにしなければ
前日までの雨の影響で岩手県北部の川は濁りが若干残っていました。
しかも思ったように釣れません。
こんなときは自分の腕前は棚に上げましょう。
釣れないのは場所が良くないからだ
こうなったら南部へ一気に移動だ

というわけで岩手県南部地方へ。
しかし目的地を何処にすれば良いかワカリマセン。
急遽、釣り場マップで探します。

僕たちの渓流フィールド―青森・秋田・岩手僕たちの渓流フィールド―青森・秋田・岩手
(2003/12)
つり人社出版部

商品詳細を見る

釣り場探しに使用したのはコチラ。↑

結果から言ってしまいますが、ボウズ(=釣れなかったこと)でした。
良さそうな釣り場を探してウロウロしすぎてしまい、途中からドライブになっていました。
080816ドライブ
で、唯一ちゃんと釣りをしたのがこの川。

牧場地帯に流れているこの川は、堰などの人工物が多いのですが、
それが結構、味があってカッコイイ。
普通の川ではお目にかかれないような作りなのです。
渓相もゆったりと流れる感じで、私としては初めての雰囲気を持った川でした。
080816O川

でも釣れなかったんですけど。

以下、言い訳です。

着いた頃には日が上がっていてドピーカンでした。
しかもオープンな渓相なので魚もコチラも丸見え。
そんなところに不慣れなフライ(しかもドライのみ)で挑んだものですから、
空振りしてしまっても仕方が無いというもの。

途中からは珍しい景色が多いので、川登りが楽しくなってきました。
次々に現れる堰を乗り越え、ときには高巻き、道なき道を踏み越えて上流へ。

まあ釣れなかったんですが。
でも釣れなかった悔しさよりも、すばらしい景色に出会えてとても清々しい気分です。
(これぞダメ釣り人の技、論点のすり替え)

釣りはあきらめて岸に上がってみると実はこんなところの裏を流れている川でした。

銀河高原ビール工場()です。
銀河高原ビール


まだもうちょっとだけ続きます。
下のバナーをポチッと押していただけるとうれしいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
←FC2さんのバナーもありますので宜しければポチッとお願いします。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/77-d91a07d6