今日は昨日発見した支流を遡ってみましょう。
それもフライフィッシングのみで。
この川を攻略した頃には一人のフライフィッシャーマンが誕生していることでしょう。

080815鳥居前
神社前で爆釣祈願しつつエントリー。
本流は昨日の夕立の影響が残っていましたが、
支流の水は濁っていません。

080815某支流
むぅ、釣れそう。

しかしここからがいばらの道でした。
ホントにぜんぜん釣れない。

ボサ川なのでアプローチがかなり重要。
何度かミスキャストを繰り返しているうちに魚は警戒心を持ってしまったでしょう。
それならばとポイントへの接近を試みるのですが、
ササッと黒い影が上流へと逃げていきます。
「しまった、バレたか。」
そんなことをしているうちに結構上流まで来てしまいました。

そこで落ち込みからやや水深がある瀬の中央に岩があるポイントに到着。
たまたま中央の岩にフライラインが乗っかって、リーダーから先がきれいに流れに乗りました。

チャンス

やっぱり出ました。出て下さいました。
080815やったねヤマメ
ありがとうヤマメ。

しかし後が続かず、やっぱり釣れません。

と、ふと川岸に立っている木を見ると、明らかに鋭いもので皮を剥ぎ取られ、
幹をガリガリされた痕があります。

そうです。熊です。bear

あ~このまま熊に食べられちゃったら、誰にも気付かれずに自然に還っていくんだな~。
そんな風に考えると不思議と恐怖は感じませんでした。

一応、熊鈴を付けてガランガラン歩いていましたケド、
その効果はどんなものか判りません。
ラジオをつけたほうが良いとか言いますが、
東北に行かれる方はしっかり熊対策もしたほうが良いですよ。

かなり上流まで来てしまったので、一旦川から上がりましょう。
舗装路に出てみると、観光地になっている滝つぼが近いようです。

滝つぼでたっぷりのマイナスイオンに癒されて車まで戻りました。
では別の川にでも行きましょうか。



ザーーーー。またしても夕立。傘
しかも豪雨。
・・・・・・・・・。

午後はいろんな川に行ってみましたが細めの川はみんな雨の影響でドロ濁り。
本流筋を攻めてみようとも思ったのですが、どこをどう攻めれば良いかわかりません。

上手そうな地元フライフィッシャーマンに聞いてみると、
お盆時期の源流は休みを利用した(わたしみたいな)釣り人にかなり攻められている。
気温が高い時期は本流のほうが釣れる、しかも大物が多い。
ドライで本流を攻めるのは難しくニンフ()が良い、だそうです。
ニンフの釣り方なんて知りません。

その人はきっとわたしがこんなにもダメフライマンだとは思っていなかったのでしょう。
他にも専門的なことをいろいろと教えてくれましたが、
話の半分はチンプンカンプンでした。

一生懸命教えてくれたのにごめんなさい。

結局この日も午後は釣りにならずそのまも終了しました。
ああ残念。

フライマン、ここに誕生せず。


ブログのランキングが上がってやる気が出ます。ポチッと。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
←FC2さんのバナーも探してポチッとしていただけるとありがたい。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/74-8604c4bb