過去に印象的な釣りをしたときに使っていたルアーがあります。
その後、似たタイプのルアーを試したり同じルアーをいくつも買い漁ったり。

そんなレジェンドルアーのひとつ、ビッグバド


これまでにも、いくつかのビッグバド風ルアーが売り出されてきましたが、やっぱり本家がイチバン。
それだけこのルアーが産み落とされたときに完成されていたということ、
まさに「ビッグバドの前にビッグバドなし、ビッグバドの後にビッグバドなし」です。


ボクも霞水系で50アップを含めて10数匹のバスをキャッチしたこととか、
真夏のクリアレイクで他のルアーでは反応のないときにナイスサイズが釣れたりとか、
使うシチュエーションとかタイミングとかあると思うのですが、
このルアーにはほかのルアーに無い特別なチカラがあるように思ってます。

だからいまでもボックスには必ずビッグバドが入っているのです。

レジェンドルアー、ビッグバド

先日もそんなビッグバドを持って梅雨の霞水系に行ってきました。



前日の天気予報では午前中は雨、昼過ぎから曇りのち晴れ。
これなら午前中はトップウォーターとかを使って梅雨っぽい釣りが展開できるかもと期待していたのですが・・・

北浦に着いたときにはすっかり晴れ上がり、東からの強風がビュービュー。
護岸に打ち寄せる波がザブンザブンです。
20130627北浦

これはもう高気圧の真っ只中に入ってしまった、よくある「釣れない天気」。

波に翻弄されてルアーも満足に泳ぎません。
しばらく粘ってみたけれど、波で足元がビシャビシャになっただけで早々に撤収。
風の影響を受けにくい流入河川を回ってみることにしました。


しかし、流入河川はどこもひどい泥濁り。
反応のないまま、辿りついたポイントは過去にビッグバドで大釣りをしたことのある場所。

まあ、それも10年以上前の「思い出」なんですけど・・・


そんな思い出を頼りにしばらく釣り続けていると、そこだけキレイな水が流れ込んでいる水門を発見。
期待を込めて水門の奥にビッグバドをキャスト。

カションカションカションカション・・・

ヨタヨタ泳ぐビッグバドの後を黒い影が追ってきます。
そしてビッグバドをちょっと止めて、クネッとワンアクション。

ついてきたバスがスーッと浮いてきて、ハムッ!


あまり抵抗せずに釣り上げられたのは、45cmほどのややお疲れ気味の老(?)バスでした。
でも展開的にちょっとボウズを覚悟していたので嬉しい一匹。
こうしてビッグバドのレジェンドがまたひとつ増えたのでした。
20130627バス1
20130627バス2


ちょっと肩の荷が下りたので、その後は小場所をまわって夏休みっぽく小バス釣り。
見える小バスでも釣って遊ぼうと思ったのですが、


見える小バスに遊ばれただけで終わったのでした・・・



20130627ライギョ

ライギョは釣りましたよ。


ブログランキング参加中。やっぱりバス釣りも面白いなぁ。
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/705-46fc1a11