ホテルで軽く仮眠をとって深夜3時には出発です。
日の出は6時前なのでまだまだ時間はありますが、恒例のコレをやっておかなければ。

夜の島内虫さがし。

と言ってもそんなに本格的なものではなく、街灯の下や自販機などを見て回るだけ。
でも自然豊かな石垣島では結構いろんな虫が見つかります。
しかもそれが普段お目にかかれない八重山諸島特有の虫だったりするのでたまりません。

20130524八重山の夜

では出発。


20130524オキナワテングスケバ
まずはハエ?と思いきやセミの仲間「オキナワテングスケバ」。
ところで沖縄には天狗はいるのでしょうか。

20130524イシガキゴマフカミキリ
つづけて「イシガキゴマフカミキリ」。
コンパクトにきゅきゅってなっているところが素敵です。

20130524カミキリモドキ?
これはやわらか系カミキリムシ。きっとハナカミキリの仲間じゃないかと思っていたのですが、
調べてみたら「カミキリモドキ」っていうシリーズ(?)にも似ているような・・・
しかも「~モドキ」の仲間には毒液をだすものも。うっかり触らなくて良かった。

ちょっと離れたところには灯りに集まる虫たちを狙うハンターのカマキリ。
さらにそんなカマキリもカエルやヤモリに狙われる被食者だったり。
夜の自販機まわりはわかりやすい食物連鎖が展開中です。
20130524カマキリ


そしてしばらくウロついていると、こんな虫を発見!

20130524アオムネスジタマムシ
「アオムネスジタマムシ」。
図鑑で見たときからずっと会いたかった虫に出会うことができてとっても良かった。
本命だったサキシマヒラタクワガタとかタイワンカブトムシには会えなかったのだけれど
この一匹でかなり満足です。


20130524オキナワコフキコガネ
ほかにも「オキナワコフキコガネ」、

20130524バッタ1 20130524バッタ2
なんだか種類がわからないバッタ(バッタは見分けがむずかしい)、

20130524アシヒダナメクジ
虫じゃないけど「アシヒダナメクジ」、とか八重山っぽい生き物にたくさん会えました。
睡眠時間を削ってでもウロウロする価値ありです。


もちろん日中の釣りの合間の移動中にも八重山の虫たちは簡単にみつかります。


これは本州でも見かける「ウラナミシジミ」。
20130524ウラナミシジミ

こちらも本州にもいる「ヨツスジトラカミキリ」は落ち着きがない。
20130524ヨツスジトラカミキリ

おなじみ「アマミナナフシ」はワビサビを感じられるしぶいカラーリング。
20130524アマミナナフシ


こうしてみると「オキナワ」とか「イシガキ」とか名前だけでも沖縄~八重山独特の虫たち。
まあほとんどが本州の虫たちの亜種だったりするんですけど、なんだか宝探しみたいでとっても楽しい。


リアルポケモンゲットだぜ!


ブログランキング参加中。みつけるだけで育成はしないんですけど。
にほんブログ村 釣りブログ 沖縄釣行記へ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/697-9f9516ee