梅雨の風物詩としておなじみのテナガエビ釣り
まだ梅雨じゃないけど、そろそろはじまっているんじゃないかと思って探りに行ってきました。
場所は多摩川では超有名テナガエビポイント「ガス橋」。

20130518のガス橋

これがガス橋。


ミミズをエサに仕掛けを投入するとすぐに反応があるのですが、ハリに掛かりません。

たしかたっぷり待ってからあわせるんじゃないかと思って待ってみても同じ。
仕掛けも中途半端なものしか用意していなかったので思うように釣りができない・・・

正直、なめてました。

2時間ほどやってみてテナガエビは1匹掛かっただけ。
そいつも釣り上げる途中でポチャンと帰ってしまったので画像はありません。

ハイシーズンはもっとアタリがあってもっと簡単に釣れる釣りなので、
本格的なテナガエビ釣りシーズンはもう少し先になりそうです。


で、たくさんあったアタリの正体はこちら。

20130518マハゼ
マハゼの子供さんです。
これからどんどん大きくなって、夏には立派なデキハゼになっていくんだよ。


そんなミニハゼを数匹釣って今日はおしまい。
せっかく買ったミミズも今頃は多摩川の土手を肥やしていることでしょう・・・


って、このまま終わるわけにはいかないので、
その夜いつものシーバス釣りです。

先週とかわらず青バチとハクがたくさんいます。
しかも今日はそれを食べている魚がいるもよう。
ときどき水面がバフバフしていて、とっても釣れそう。

それにあわせてフローティングミノーで水面に引き波をたてて引いてみると、
やっぱりバフッと吸い込まれました。


うぉうトップウォーターゲームだぜい!


でも釣れたのは・・・

マルタなんですけど。
20130518トップウォーターマルタ


本命のシーバスは釣れなかったよ。


ブログランキング参加中。最後はねむくて寒くてガクブルでした。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/692-15c32e6a