市販されているタナゴ針のなかでも抜群のクォリティを誇るがまかつの「極めタナゴ」。
手練たちが使う手研ぎバリには及びませんが、ボクのレベルなら十分すぎる切れ味(?)です。

ただし、その分お値段はちょっとお高め。
こちらも高価な手研ぎバリほどではないものの、糸付きで5本500円(定価)はやはり高い。
そこで最近は糸なしのタナゴ針を買ってきて、自分でハリスを巻いてます。

しかし、そのままフリーハンドで極小のハリに糸を巻くのはとっても難しい。
時間もかかるし、上手くいかなくてムキーッってなります。
かといって専門の道具を揃えるほどでもない。

そこでなんとか簡単に結べないものかと考えてたどり着いたのがこちらの結び方。

カエシを削る
とりあえず魚をはずすときのプチッっていう感触がイヤなのと、
刺さりが良くなるような気がするのでヤスリでカエシを削ってしまいましょう。
(「研ぐ」わけではないのでザックリと)


ボクのハリの結び方は「内掛け結び」。ルアーでいうところの「ユニノット」です。

ハリ結び1
まずは適当な長さの細いチューブ(ウキ止め用のウレタンチューブなど)を用意して、
それにハリスをゆるくユニノットで結びます。
ちなみにハリスは最近オーナーから発売された「たなごハリス#100」。
まだ実際には使っていませんが、きれいな色が付いていて結構気に入っています。

ハリ結び2
ユニノットができたら、チューブの穴にタナゴ針のおしり(?)を差し込みます。

ハリ結び3
そして締まらないようにしながら結び目をハリにススス・・・と移動。

残す糸(ハリスになるほう)がハリの内側から出ているようにして、
結び目をハリのチモト(平たくなっているところ)に引っ掛かるようにゆっくり締め、
形を整えたら、余分な糸を切って出来あがり。
ハリ結び4

この方法ならとっても簡単に極小バリに糸を結ぶことができます。
現在、近々開催されるEESタナゴ釣り大会に向けて糸付きバリを量産中。


ちなみに第三回EESタナゴ釣り大会の詳しい大会要綱はコチラまで。興味のある方はどうぞ。


ハリ結び5

こうして作った遊びの少ない短いハリスの仕掛けで3連覇を狙います。


ブログランキング参加中。きっと誰よりも本気。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/683-8d342e69