先週末、三度目のバチ抜けシーバス攻略に行ってきました。


いつもは自宅まで友人に車で迎えにきてもらっていたのですが、
今日は職場から直接自転車でポイントへ向かいます。

通ったことのない道を通って、しかも夜。
目的地まで無事たどり着けるかどうか不安もありましたが、
なんだか冒険しているみたいでワクワクしながらビジネス街を疾走します。

20130412夜のオフィス街を疾走

ちょっと道に迷いましたが無事に目的地の釣り場に到着。
釣り場近くのコンビニがみえたときにはちょっとホッとしました。

おっと、これからが本題。

先週、先々週とこのポイントで釣りをした感じでは、
メインベイトはバチ抜けしている切れた輪ゴムくらいの小さいゴカイみたいなやつと
「ハク」と呼ばれるボラの幼魚と思われる魚。いずれにしても極小です。

20130412ハク
石と石のあいだの黒っぽいモヤモヤがハク。


これにあわせてタックルはできるだけライトに、とにかく喰わせることを重視して、
軽いジグヘッドに2インチワームをセットして数種類ローテーションすることにしました。
20130412メインは2インチワーム

この日は深夜0時に最干潮をむかえるまでの潮が動いているときが勝負。
明るいところと暗いところの境目を集中的に狙っていきます。


予想どおりアタリは多いのですが、超ショートバイトが続きます。
勝手に掛かることはなさそうなのでしっかりあわせなくてはいけません。

何度目かのアタリでやっとヒットしましたが、ジャンプ一発でフックオフ。
思いのほかサイズが良かったのでガッカリ・・・

そのあとすぐに手元まできたワームをヌッとでてきたシーバスが目の前で「パクッ」、
予想外の出来事にびっくりアワセをしてしまって今度はスッポ抜け。

こんな風に連続でチャンスを逃すとちょっぴり凹みます。
ボウズ、マルタときて次は本命のシーバスが釣れる順番だと思っていたのですが、
「シーバスは掛かったけどバラす」こんな段階がまだありましたか・・・


なんてうしろむきな想像をしていたら、ポロッと釣れました。

20130412シーバス1
25cmくらいの豆シーバス。
サイズはともかくものすごく嬉しかったです。
だって陸っぱりからシーバスを釣り上げるのなんて10年以上ぶりですから。
しかも半ば諦めかけていたところだったので尚更です。

そのあとも潮が動いているあいだはアタリがポツポツとあって、
40cmくらいのシーバスを追加。
20130412シーバス2
20130412シーバス3


深夜1時すぎまで釣りをして、また自転車で帰ったのですが、
今回は行き帰りの行程も含めて楽しい釣りになりました。

盛り上がって、翌日には管理釣場用のペナンペナンのトラウトロッドも買っちゃいましたよ。
これでショートバイトでも吸い込ませてしっかりフッキングできるようになるはず。



ただし大型シーバスが掛かってもあげられないかも知れない・・・


ブログランキング参加中。掛けるの重視で!
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/681-e0439d7c