強い季節風が吹くなか、先週末、手賀沼に行ってきました。
まずは手堅く風裏のポイントへ。

20130216豆バラ


釣り開始から30分経過・・・

20130216オイカワ20130216スゴモロコ20130216モツゴ20130216タモロコ

左からオイカワ、スゴモロコ、モツゴ、タモロコ。
細い魚たちの活性は高いのですが、本命のタナゴはまったくかすりもしない。
いや、もしかしたらかすっているのかもしれないけど、気が付かないだけなのかも・・・


それにしても風が強いです。
風裏なハズのこのポイントでも風が巻いてしまって釣りにくい。
タナゴも釣れないし移動です。

風裏でも風があって釣り辛いのだから、風表に行ってもあまり変わらないだろう(?)
と考えて思い切って風が吹きぬけるようなポイントに行ってみました。

それが前回のクチボソ動画を撮った場所。

なのですが、


仕掛けが風に舞って狙いの場所に入らない、
フケた糸にドラグがかかってウキが自然にシモらない、
水面が波立ってアタリがとれない、

そして寒いっっっ!

当たり前ですが、やっぱり風表は風裏以上に辛かった・・・
気付かないうちに涙と鼻水がでてました。

それでもなんとか粘って冒頭の画像のような豆バラを4匹。
ポイント選択を完全にミスってしまいました。
戻りの道は向かい風で「どうしてこんな試練を受けているのだろうか」、
なんてちょっと考えてしまうほどの強風だったり。


このままだと残念なので、はじめのポイントに入りなおしてみました。
ここは夕マズメになると大人のタナゴが釣れるはず。

日が暮れるまでの30分でなんとか大人タナゴを15匹釣ることができましたけど、
なんとかギリギリ釣ってる感じです。
そのうちボウズをくらってしまいそう・・・

20130216タナゴ


しかしこんな辛い釣りも面白いのです。


それにしても、ほかのブログの方もこの厳しい日に釣りに行かれているようで、
みなさん釣りバカですね。


ブログランキング参加中。次はちょっと違う場所に行ってみよう。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/664-6904417d