週末、北西風が激しく吹くなか手賀沼に行ってきました。
状況が厳しかったためか、釣り人はほどんど見られずポイントには入り放題。

少しでも透明度が高そうな場所で再び水中カメラで小物釣りの撮影に挑戦です。

20130216タナゴ1


ビデオカメラを沈めた直後は魚は見えません。

そこへ仕掛けを投入するとクチボソが寄ってきておそるおそる「パクッ」。
しかし捕食行動はまだまだ慎重です。

時間が経つとともに魚たちはうわずりはじめ、行動も大胆に。
数匹がエサに群がり、エビはカメラに猛アピール。

最後は無数のクチボソがカメラ前を泳ぎ回っていました。


ビデオを回しっぱなしにして約10分。
クチボソは結構釣れたのですが、タナゴはかすりもせず。
見切れてもいませんでした。




結局、このポイントでタナゴが釣れたのは冒頭の画像のような豆バラのみ4匹。
できればビデオを回しているときに釣れて欲しかったです。


この日の釣りの模様は次の記事で。


ブログランキング参加中。カメラの固定方法を模索中。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/663-38abc156