釣りをしていると、釣れた魚を狙っていろいろな動物がやってきます。

ネコとか鳥とか・・・
20130209ネコ


先日もタナゴ釣りをしているときにずっとシラサギにマークされてしまいました。


はじめは背後をウロウロするだけで、
釣れたクチボソをポイッと放すときにビクッと反応するだけだったのですが、
それをなんどか繰り返しているうちに、魚を放すたびに歯軋りみたいな音が聞こえてくるようになりました。


よく見るとくちばしを高速で細かく噛みあわせて「ガチガチガチガチ」って鳴らしてます。
さらに「ブフー、ブフー」という鼻息(?)まで。

かなりイライラしているご様子。

しかし、このプレッシャーに負けてはいけません。
野鳥にむやみにエサを与えてしまうと、自分でエサをとる習慣を忘れて本来の野生を失ってしまいます。
野生の生き物はできるだけ人間に依存せずワイルドであって欲しいと思っているのです。


「ガチガチガチ」「ブフーブフー」という声(?)が聞こえるたびに、
「これはキミのためなんだよ」と心の中で唱えつつ、
この日は最後までシラサギからのプレッシャーに耐え切ったのでした。


ところで「シラサギ」といっても数種類のサギをまとめて呼んでいるようで、
大きいほうから「ダイサギ」・「チュウサギ」・「コサギ」だって。


そのまんまですね。


「ダイ」は体長約90cm、「チュウ」は約70cm、「コ」はそれ以下のようですが、じゃあ・・・


80cmくらいの境目の大きさのサギは「ダイ」と「チュウ」のどちらになるのでしょう?
はたまた、大きい「コサギ」は「ダイサギ」?小さい「ダイサギ」は?


20130209ダイサギ
こちらダイサギ。


ブログランキング参加中。本当はほかの見分け方があります。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/662-88e44504