ここのところのタナゴ釣りはやや苦戦つづき。
年が明けてからは釣れる匹数もグンと少なくなって、釣れたとしても極小の豆バラ。
幽かなアタリをとらえる楽しさはあるのですが、いかんせん釣れる魚が地味なのです。

そろそろ色のついた大きめのタナゴが釣りたくなってきました。

まだまだ真冬の寒さは続いていますが、ことしも2月4日に立春を迎え、
気の早いヤツはそろそろ婚姻色も出はじめてキレイになってくる頃かも・・・

20130209タナゴ1

そんな期待をしつつ手賀沼へ行ってきました。


まずは2時間ほどポイント開拓のぶらり旅。
レンタサイクルを使い、はじめての場所をうろうろしてみたのですが、
強い北西風がビュービュー吹いていて、本湖(本沼?)沿いは荒れ模様で小物釣りには厳しい状況。
期待していた川も三面護岸工事がされてしまっていて、とくに成果もないまま終了です。

強いてあげれば、コンビニの位置がわかったのと、興味深い史跡を発見したことぐらいでしょうか。


そしてよく知る風裏のポイントへ。

はじめからアタリは多かったのですが、その正体は小さいオイカワ。
20130209オイカワ
タナゴ釣りではクチボソが外道の定番ですが、ここはなぜかクチボソよりもオイカワが多い。
アタリはクチボソよりも上品な感じです。

そしてなかなかアワセられない小さなアタリが頻発。
やっと釣り上げたら正体はこんな小さな豆バラでした。

20130209タナゴ2

測るものを忘れたし、1円玉も持っていなかったので5円玉と比較して大きさを測定。
これでだいたい2.5cmくらいです。

その後もアタリは続きますが、やっぱりなかなかハリ掛かりさせられません。
こういう魚を釣っていかないと数は伸びないんでしょうね。
まだまだ修行が足りていません。

そして3時をすぎる頃からやや立派なタナゴが釣れはじめました。
20130209タナゴ3
20130209タナゴ4

色も付きはじめてなかなかイイかんじ。

最終的には30匹弱のタナゴを釣ることができたのですが、
その3分の1がおとなサイズの色つきタナゴ。
20130209タナゴ5

目的の「春っぽいタナゴ」を釣ることができて満足です。


この辺の信号で次のことを考える
帰り道、この辺で次はいつこようか考えます。


ブログランキング参加中。2日後にまた。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/661-346880cd