お話はまた2008年の夏に戻ります。

コンビニの駐車場で目覚めた今日は8月14日。
少し肌寒かったような・・・(このへんは記憶があいまい)
前日は一日晴れていましたが、今日は曇り。
今にも雨が降ってきそうです。
080814くもり
しかし、これはチャンス
どんなことでも爆釣に結びつけるバカ釣り人の脳みそはこう考えます。

(夏バテ気味の魚+お盆休みで多い釣り人)×雨
=夏バテ気味の魚×雨+お盆休みで多い釣り人×雨(←式を展開しました)
=元気に回復した魚+雨で釣り人が少ない
=大爆釣

今日はイワナ狙いで八幡平、安比などの高原地帯中心に回っていくぞ
さっそく本日第一のポイントに到着。
ここはインターチェンジからも近いので他の釣り人も結構見かけました。

駐車スペースのある大きな堰堤下に到着。
昨日は一日ルアーで通したので、ここは「フライ縛り」でいきましょう。

堰堤下の落ち込みを狙いたいのに、
流れ落ちる水が起こす向かい風でフライが届かナイ~。

コントロールしてキャストが出来ないので、
やっとポイントに入ってもどこにフライがあるのかわからナイ~。

ラインメンディングが出来ないので、
ドラグがかかってしまって自然にフライが流せナイ~。

ナイナイづくしのダメフライフィッシャーマンです。

仕方がありません。
全然練習してませんでしたから。

いや、違う
こうやって実際に釣りをしながら技術を磨く「実戦派」なんだ

しかし、今は修行の身。出来ることからはじめましょう。
堰堤脇の小さな溜まりめがけてキャスト
ポチャ。
流れがあまりないのでドラグもかかりません。
ぬ~っとイワナが出てきてパクッとフライを咥えて沈んでいきました。

・・・YesHit!!ナイス

グラスファイバーのロッドを使っているので良く曲がってくれます。
ちょっと引きを楽しんで、もたもたしながらも無事ランディング。

080814フライでイワナ
25cmくらいでしょうか。
ひれピン、ナイスプロポーションのイワナです。
口元のフライは自家製エルクヘアカディス。う~ん感動

更なる釣果を求めて上流を目指しますが、
しばらくすると雨が降ってきました。
雨はヘタッピフライマンの大敵。途端にキャストがうまくいかなくなります。

がんばってみましたがその後は続かず。
雨も強くなってきたのでこの川はこれでおしまい。移動です。

慣れないフライのキャスティングで肩が凝ったので次のA川はルアーで攻めます。
「おやっ
本流で小さいヤマメを数匹釣り上げながら移動していたところ、
急に水が冷たくなりました。小さな流れ込みです。

なんとなくその支流に入ってみました。
奥に進むにつれて木々が茂って鬱蒼としてきました。
水深も水量もなかなかイイ感じ。

クモの巣も張っています。クモ
「これは・・・」
カチカチカチ(計算する音)・・・・・・ピーン
クモの巣→数日は人が入っていない→スレてない魚がいる→爆釣

流れに変化が出てきたところでヒット
080814ルアーでヤマメ
ナイスなヤマメです。

その後もイワナやヤマメが奪い合うように連続ヒット
080814ルアーでイワナ
爆釣モードに突入です。
もちろんヒットルアーはアレです。

ですが急に雨が強くなってきました。

行く手を淵に阻まれたところで一旦釣りはストップ。
鉄砲水は怖いですからね。


岩手っていいよね、って思っていただけたらポチッと。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
←FC2さんのランキングにも参加中。ついでにポチッと。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/66-6d8a43e5