一昨年、昨年と厳寒期の水元公園で開催されてきたEES杯タナゴ釣り大会
(第一回の模様はこちら・第二回の模様はこちら
今年開催される予定の第三回目はまだ未定なのですが、ちょっと水元公園まで行ってきました。

極寒の本日、浅いところはやっぱり凍結中。
20130126水元公園



ここのところ手賀沼ばっかり通っていたので水元公園は久しぶり。
なんと2013年初、この寒タナゴシーズンになってはじめてのタナゴ道場稽古です。

ひとまずおなじみのポイントを回って状況観察。
ポイントごとにボチボチ釣り人は入っているようですが、状況は芳しくないご様子です。
さらに期待していたポイントのひとつには明らかに人為的と思われるドロ濁り。
竿を出す気にもなりません。

それぞれの場所で釣り人に声を掛けてみましたが、
みなさん苦戦中のようで、タナゴを釣ったというハナシは聞けませんでした。

どこへ行っても同じよう(に悪そう)なので、
とりあえず第二回EES杯の会場ともなったおなじみの場所へ。
ちょっと遅めの14:00釣りスタートです。

ここでも水深があるところに入りたかったのですが、
先客がいたので少しでも変化のある場所で、寄せ餌を打って魚を「集めて」釣ることにしました。
ただし、この低水温の時期に遠くから魚が集まってくるとは思えないので、
寒さで眠っていたその場にいる魚の食欲を呼び覚ましているんだと考えています。

お腹減ってないけど、焼き鳥屋さんの前を通ったらイイ匂いがしてお腹減ってきたアレです。


寄せ餌を打って30分ほどで効果がでてきたようで、ようやくクチボソ一匹目。
20130126クチボソ

一匹釣れると、まわりの魚たちも刺激されて摂食行動にでるのかポツポツと続きます。
これは、行列のできている食べ物屋さんを見かけるとお腹減っていなくてもついつい並んでしまうアレ。
または、バゲーン会場でテンションが上がってしまって、いらないものでも買ってしまうアレです。

20130126飢えたサギたち
その後は釣れているというウワサを聞きつけやってきた飢えたサギたちに囲まれながら、
2時間ほどでクチボソ40匹とエビ一匹。



おっと危ない、
今年も「クチボソ釣り大会」になるところでした。

20130126夕方


ブログランキング参加中。やっぱりタナゴ道場は厳しかった。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/658-ac71f73d