前回の続きから・・・

目的地も決めずに盛岡駅を出発した後でレンタカーを運転しながら考えました。
「そうだ遠野に行こう

遠野
それはかの有名な民俗学者、柳田國男先生の不朽の名著、
「遠野物語」でおなじみの伝説と昔話と妖怪の里。
現代人が忘れてしまったモノが今も息づいている場所です。

実際は遠野くらいしか地名が思いつかなかったんですケド。

とりあえずカーナビに遠野をセットして今度こそホントに出発です。
「お、達曽部だ。」 遠野1

遠野に近づくにつれて遠野物語で読んだことのある地名がチラホラ。
気分でてきた~。

さらに遠野に向かって行くと、国道の上から川が見えました。
「よ~し、ここらでいっちょ釣りしますか。」

まずはお手軽にルアーで攻めてみます。
もちろんパイロットルアーはアレ(12月8日の記事参照)です。
瀬の脇の流れがヨレているところを通すと、

岩手ヤマメ1
きれいな遠野ヤマメがヒット
サイズはともかくはじめての場所での初ヒットはうれしいものです。

その後もルアーにヤマメがガンガンアタックしてきます。
ただしほとんどが15cm以下の小ヤマメです。

橋二本分遡上して10~20cmのヤマメを10匹前後釣り上げたでしょうか。

一見なんてことはない川なのですが、
水がきれいなことはもちろん、狭い幅のわりに水量が豊富で流れも強い。
川の周囲も田んぼあり、民家あり、でまさに里山の風景です。
遠野2

岩手の旅はまだ始まったばかりですが、
自然の豊かさを感じずにはいられませんでした。

ここで一旦釣りは休憩して観光でもしますか

「8月13日その2」に続く。

柳田國男先生の名著「遠野物語」はコチラ。



ポチッと押してランキング上昇、わたしのヤル気も上がります。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
←FC2さんのランキングにも参加中。ポチッとお願いします。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/62-37af81e6