先週末、EES釣り部のみんなほか計7名で東京湾のボートシーバス釣りに行ってきました。
ガイドはあの往年の有名バスプロ徳永兼三さん(と、もう一人)です。
夕方からの4時間ですがガイド艇なので楽勝でしょう。

今回は、沖縄からはるばるいらっしゃったゲストさんがいるとか
だれかの子供が生まれたとかだれかに子供が生まれそうだとか

ようこそいらっしゃいました。
おめでとうございます。

20120922東京湾

でも、そんなめでたいことは関係ないのです。
ボクにとっては大物シーバスが釣れるかどうかが問題なのですよ。


そして、7名が2艇のボートにわかれていざ出発。

てっきりストラクチャー狙いの釣り方だと思っていたのですが、
ベイトの群れを探してそれに付くシーバスを狙う釣り方のようです。
ガイドさんの指示に従ってベイトの群れを意識しながら釣っていくと・・・

早速、ボクの友人Oがシーバスキャッチ!
このころはまだ自分にも釣れるって信じていた

おお、羨ましい。

そして同船したショウタくんもキャッチ。
さらに続けてショウタくんファイト中、いいサイズか?
よくひくね!
ショウタくんサイズアップ!これはキテるかも、釣れるかも!
サイズアップだ、羨ましい・・・
それを横目でみているショウタくんのともだちコウジくんもそれに続け!
ボクも続くからお願い!待ってて!


しかしベイトの群れが小さいのかシーバスにヤル気がないのか、それっきり。
時間はあっという間に過ぎてしまいました。

ボクはアタリが一回あったのみでボウズ・・・

結局、ショウタくん3匹、友人Oが1匹で船中4匹、2人ボウズ。
もう一艇(カネコさん、フクヤマくん、軍曹さん)も船中4匹1人ボウズだって・・・キビシイね。


これを予想してか、ガイド艇はフォロー(?)の釣りを用意していました。
帰りに石積みのある小場所に立ち寄ってカサゴ釣り。


しかし皮肉なことにこれが大アタリ。

石積みに適当にポイッとキャストしてラインを張らずにフリーフォール。
着底したら弛んだラインをパンッとはじいてリグを浮かせてまたフリーフォール。
これを繰り返していると、ラインが着底前に不自然に止まったり、手元にアタリがきたりして、
バシッとあわせるとこの通り。
海用ラバージグ

ちなみに使ったルアーはガイドさんが用意した海用ラバージグみたいなものです。

そのあとも短時間で10匹以上は釣ったでしょうか。
結構いいサイズも混じって、最大で26cm。
ガシラ26cm

みんなも釣ってボウズなくなったので、まあ良かった・・・のか?

でも次のシーバス釣りはストラクチャー打ちにしましょうね。


気持ちを切り替えて、翌日はバス釣りトーナメント参戦だ!


ブログランキング参加中。このときの釣りが翌日に繋がるとは。
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/613-f9fda8fa