ちょっと前の日曜日、夕方の多摩川で釣りをしてきました。

以前から試したかった釣り。
小さなハリにちぎったワームをつけて、テトラポッドのすき間に見える魚たちを狙います。

ゲーリーヤマモトチギッタワーム



テトラポッドのすき間の水は連日の真夏日で温められてどんよりと澱み、
腐った苔が漂っていていかにも「良くない」かんじ。

そんななか魚たちはたくさん見えているのですが、みんなぼーっとしていて反応が悪い。
リアクションを狙ってすばやく動かすと寄ってはくるのですが、すぐに飽きてまたぼーっとしています。
たまに喰いつくヤツがいても、ものすごい速さで吐き出すのでなかなか釣れません。


それでもなんとか

スモール ヌマチチブ ブルーギル
スモール、ヌマチチブ、ブルーギルを釣り上げることに成功。


はじめはキビキビと動かすことを重視してオモリをハリの近くにつけていましたが、
そっと置いておくと、ゆっくり寄ってきて喰いつくようだったのでオモリを離してよりナチュラルに、
ルアーでいうところの「ジグヘッド」から「スプリットショット」へのローテーション。

結構苦労しました。

こういったしばらくほっておかないと喰いついてくれないような状況では、
置いておいても生命感のある活き餌のほうが断然有利でしょう。

ワームを使ったために取り逃がした魚も多かったはず。
対象魚によってはルアーのほうが有利になる状況もあると思いますが、
この釣りでは明らかに不利。

とくべつ「ルアーじゃなきゃダメ」っていうこだわりもないので次からは餌にしようと思ったのでした。


ところでこのときのタックルは

ロッド(竿ともいう):宇崎日進 たなごころ6尺
ライン(ミチ糸ともいう):東レ 渓流0.3号
フック(ハリともいう):がまかつ 秋田狐スレ2.5号
シンカー(オモリともいう):ガン玉極小
ルアー:ゲーリーヤマモト センコー4インチ(をちぎったモノ)


のべ竿を使ったこの釣り方、果たしてコレはルアーフィッシングと呼べるのでしょうか?
ルアー(ワーム)を使っているから広義にはそう呼べそうな気もしますが・・・



どうでもいいハナシですが。


ブログランキング参加中。ボクはこれだと思います。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/608-f3236b90