先日、会社の先輩と関東屈指のメジャーレイク亀山湖に行ってきました。
古くからバス釣りが盛んな湖なのですが、意外にも亀山湖で釣りをするのは初めて。

連日の真夏日で厳しい釣りになることも予想されましたが、そのぶんパターンは絞込みやすいハズ。
きっと鍵は「シェード(=日陰)」と「水通し(の良いところ)」になるでしょう。
暑いときに涼しいところに居たいのは、バスも人間も一緒なのです。

そして、この時期の亀山湖経験のある先輩によると、厚く溜まったゴミ下にバスが付いているとのこと。
ゴミを突き破ってバスを釣り上げる想像をしてたら興奮してちょびっとしか眠れませんでしたよ。

20120728亀山バス4


減水してました・・・

満水ならば覆いかぶさっているであろう木の枝も水面より2mほど上になって、シェードも小さくなってます。
さらに期待していたゴミ溜まりもまったく無くなってます。

これで予想していたパターンは一気に崩壊・・・

それでも朝方はときどきボイルがあったのでテンションがあがりましたが、
単独で散発的だったので直撃するのが難しく、陽が高くなる頃にはそのボイルもおさまってしまいました。

その後、ディープ(=深いところ)も考えられましたが、それを実行する時間も自信もナイ。
残されたパターンは水通しの良い岩盤をひたすら打っていくのみです。

そして11時を過ぎた頃、ようやく先輩に一本目。
まわりのボートでもポツリポツリと釣れているようですが、みんな岩盤狙いのようです。


シブい状況ですが、思ったほど気温も上がらずにカラダは楽。
気がつけば風も吹きはじめて釣れそうな気配になってきましたが・・・

13時すぎにボクにもやっと一本目。
嬉しいし、なによりホッとしました。
20120728亀山バス1
20120728亀山バス2


さらに時間は流れて夕マヅメ。
この間先輩が一本追加しましたが、魚の反応が少ないのは変わらなく、
期待していた朝のようなボイルもおこらず。

はじめての亀山は難しかったなぁ、なんて思いつつ最後に立ち寄った場所。


込み入ったブッシュにスモラバを入れると・・・おおっ、ラインが走った!

ちょっと大きそうだったので慎重にファイトして無事ランディング。

20120728亀山バス3
46センチのナイスバスでした。
重さは1100グラムと、ちょっと痩せすぎですが。


最後にドラマチックな展開が待っていてくれました。
やっぱり今年のボクはちょっと違う、のか?


先輩、ガイドありがとうございました。
また亀山湖で釣りしたいですね。


できればもうちょっと釣れる時期に・・・


ブログランキング参加中。終わり良ければすべて良し!
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/594-e5e695e3