東京の桜が満開になった日、近所の桜の樹の下ではいたるところでお花見の準備中。
2012.04.07桜

そんな土曜日に水元公園にタナゴ釣りに行ってきました。
水元公園は1月末に開催されたあのEES杯タナゴ釣り大会以来です。

今回は水元公園のなかでも行ったことのない場所へ行ってみました。
具体的に言うと「北のほう」です。


到着した水元公園の北側は南のように細かい水路がはしっているわけではないけど、
岸辺に冠水した植物があったり蓮が群生していたりと、なかなかいい雰囲気。
なかでも蓮の新芽が伸びかけている場所は、いかにも下に小魚の群れがいそうでワクワクします。

が・・・

ドバッ!ジョババババババッ!バシャッバシャッ!
2012.04.07水元公園でハタキまくり

そんな浅瀬では早くもでっかいコイがハタキまくっていて大変なことになってます。
こんなところで釣りをしたら、うっかりコイが掛かってしまって大事な仕掛けがオシャカになってしまう。

鯉の少ないところを探すことにしましょう・・・


しばらく池の畔を歩いてようやく良さそうな場所を見つけました。
そこは風によって吹き寄せられた蓮の茎が溜まっている場所。
水面にはクチボソらしき波紋がでてて、水中にもヒラを打っている姿が確認出来ます。

いざ釣り座をかまえて釣り始めてみるとかなり寒い。
歩いているときは感じなかったのですが、じっとしているとかなりの寒さを感じます。

しかし開始してすぐにアタリが出始めました。
これも新しく投入した改良型仕掛けのおかげかも。(と思うことにする)
波立ってウキが見えにくい状況でもハッキリしたアタリをとることができます。

しかし今度はアワせられない。
アタリは頻発するのですが上手くのせることができません。
仕掛けの反応が良すぎるから?食いが浅い?ヘタクソだから?

理由はいろいろありそうですが、空振りとバラシを繰り返してしまいました。
そしてようやくクチボソがポツポツ釣れはじめたあとでようやく一枚。
2012.04.07オカメ釣れました。

ぽってりしたキレイなオカメ(=タイリクバラタナゴ)。
こんな春っぽいタナゴが釣りたかったので当初の目的は達成できました。
よかったよかった。

ここはまだまだタナゴが釣れそうな予感・・・
しかしこの後、明らかにタナゴと思われる魚を数枚連続してバラシてしまいます。
原因はハリ先が「なまった」せいだということでハリの交換をこころみますが、
かじかんだ手で小さなタナゴ針を取り替える作業はとっても大変。
しかも強風が吹いていたので、高価なタナゴ針が飛ばされてたりしてかなり時間を使ってしまいました。

さらにこの後も仕掛けのトラブル続出。現場で仕掛けを作る難しさをあらためて思い知らされることに。
次回までに同じスペックの仕掛けを複数個用意することを誓ったのでした。

結局北風は最後まで吹き続け釣り辛い状況は変わらず、
夕方になってさらに体感気温は下がり続け、ガクガクブルブルしながら釣りをしていましたが、
ついに耐え切れなくなって終了。

今回みつけたポイントは相当なポテンシャルを持っていると思うのですが、
準備不足と技術の無さで残念な結果になってしまいました。
まあ悪かった点がはっきりわかったので次回までに改善してリベンジしたいと思います。


それで今日はタナゴ2匹だけ。

2012.04.07タナゴ全釣果


それにしても寒かった・・・

どのくらい寒いかっていうと、
水みたいな鼻水がいつのまにか垂れていて
それが落ちたときにはじめて鼻水がでてたことに気がつくくらい。

そんなレベル。

服装の違いはあったにせよ、体にあたえるダメージで言ったら1月のEES杯のときよりも寒かったと思います。


だってあのときは鼻水垂れなかったですから。


ブログランキング参加中。もうすぐ春タナゴ本番!・・・だと思う。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/549-0f6c1d70