タックルボックスの一角を占めるこれらのルアー。
これ以外にも未使用の予備をいくつか持っていたりします。

ハスティー&ベビーN


スミスのハスティー2とビルノーマンのディープベビーN。
往年の名品です。(ディープベビーNはいちおう現行品のようですが)
シンプルなのですが、引き抵抗がしっかり手元まで伝わってきて使いやすいルアーです。

いちばん使っていたのは15~20年ほど前のことだったでしょうか。

当時、バス釣りはおかっぱりのしかしてなくて、霞ヶ浦や北浦の石積みやゴロタ石のポイントで使いまくってました。
根がかりしやすいポイントで使うのでルアーを無くしてしまうことも多かったのですが、
それだけ魚もたくさん釣らせてくれました。
なかなか更新できなかった当時の自己記録(48cm)も霞ヶ浦でハスティー2を使って釣った魚だったりします。

そして消耗してしまった分は、釣具屋さんでワゴンセールになっていたのを見かける度にまとめて購入。
(お金が無かったので、根がかりを恐れずにガンガン使えるこういうルアーはありがたかった・・・)
あまりにも信頼していたルアーだったので同じルアーを必要以上に買ってました。

この在庫はその残り。

その後ボクのバス釣りはボート釣り中心になり、ワイヤーベイトがその場所にとってかわったり、
しばらくは活躍することがなかったのですが・・・

2006年に再びブレイク。
強風が吹き荒れる春の霞水系の川でおかっぱり。やっぱりゴロタ石のポイントでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ルアーが着水したらタダ巻き開始。
何かに触れるまではブルブルブルと規則的な振動が伝わってきますが、
それが障害物に接触してルアーが不規則に動いた瞬間・・・

ゴン!

2006年3月霞水系バス釣り①
プリップリのプリスポーンがベビーNを丸のみ。
この日はクランクとスイミングワームでこんなのがたくさん釣れました。

こうしてこのルアーたちが最後に活躍したのは6年前。
最近はまったく使う機会がなくなり、バス釣りに行くこと自体も少なくなってしまいましたが・・・
2006年3月霞水系バス釣り②

こんなことがあるからやっぱり手放せないですよねぇ。


久しぶりに開催しますか、「クランク祭り」。


ブログランキング参加中。手放せないルアーってありますよね。
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。


関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/547-190ff6db