プロペラ1号②

できあがったプロペラ仕掛けをもって清水池公園へ。

もっと暖かくなっていると思ったけど、ぜんぜんそんなことはありませんでした。
曇天に冷たい風が吹いていてまるで真冬のようです。
しかし厳しいコンディションであればあるほどこの仕掛けの反応の良さが測れるってもの。

いつものように深場には常連さんたちが集まっていましたが、
今日は仕掛けのテストが第一なのでプロペラの動きが見やすいように浅い場所で釣り開始です。


この公園の水は黒っぽく濁っていて糸ウキなんかすぐに見えなくなってしまうのですが、
糸ウキよりも大きく派手なプロペラの視認性はバッチリ。
視認性バッチリ
黄色い点が親ウキ、その下のピンクとグリーンがプロペラです。


そして実際に使ってみて、期待したようなプロペラがクルッと回るアタリはでませんでしたが、
「アタリなんじゃないかな~」っていう反応は糸ウキよりもわかりやすかったように感じました。
沈むハズのプロペラが沈まなかったり、横にスライドしたり、なんだかフワフワしたり。
視認性の良さがそのままアタリのとりやすさになりました。

しかしこのプロペラでは抵抗がありすぎるのも感じました。
これでは小さいアタリは逃してしまっているかもしれないです。
もっとプロペラを小さく(細く)する必要がありそう・・・

より繊細になれば憧れの「くるっとアタリ」もとれるようになるかもしれません。

20120226の釣果
夕方1時間の仕掛けテストで釣れたのはこれくらい。
いままでの仕掛けだったらここまで釣れませんでした・・・・・ってことにしておきましょう。


ほかにも極小ヨシノボリが釣れたのですが、清水池公園でクチボソ以外の雑魚を確認。
これはこれでなんだかうれしいです。
清水池のヨシノボリ


プロペラ仕掛けに興味がある、って思ったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/536-57579b8b