さて前回【製作編】で心臓部「プロペラ」が完成したので仕掛けを作りましょう。

ここでひとつの選択が必要になりました。
ミチ糸とプロペラを固定しない「遊動式」か固定する「固定式」か。


はじめはプロペラが回りやすいであろう遊動式で仕掛けを組もうと思っていました。
プロペラをミチ糸を固定すればそのぶん抵抗になって回りにくいんじゃないか。
固定式だと魚が仕掛けをひっぱる力でプロペラが回転して、その力で仕掛け全体がまわって
掛かった魚がワーッってなってしまうんじゃないか。

プロペラ仕掛け1

って思ってました。
だから遊動式がいいのかな、と。

でもそんなことはないようです。
それはそうでしょう・・・なにもプロペラがぐるぐる回る必要はないのです。
ちょっとでもアタリが目印の変化としてあらわれれば充分なのです。

そして遊動式を作るなら固定していないプロペラを上下で支えるものが必要になってくる。
さらには遊動式の場合、直接ミチ糸に触れてない分だけ
アタリ→プロペラの力の伝わりにロスが生じるとも考えられます。

なので固定式で作ってみました。
参考にさせていただいたエキスパートの方も固定式だったし。

親ウキ、プロペラ、オモリ、ハリのシンプル仕掛け。
プロペラ仕掛け2


ただしまだまだ魚のアタリに反応するかは不明。
あとは実戦でその効果を確かめるのみです。


【実釣編】へ続く。


プロペラ仕掛けに興味がある、って思ったらポチッとお願いします。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/535-d367ca95