先日、1月28日に開催された第二回EES杯タナゴ釣り大会。
大会会場となったのは昨年に引き続き「タナゴ道場」こと都営水元公園です。

一年で一番寒いだろうこの時期、数日前に降った雪がところどころに残るなか開催されました。

第二回EES杯タナゴ釣り大会③


あまりの寒さに釣り場となるホソ(=浅い水路)が凍ってます。
それでもなんとか氷の張ってない場所を探し、凍っていても氷をどけて釣り開始。
第二回EES杯タナゴ釣り大会①

当日の参加者は12~15人ぐらいだったと思います。(入れ替わりがあってよくわかりません)
まずは釣り初心者のために雑魚釣りレクチャーを簡単に行い、その後1時間ほど練習です。
ここで魚が釣れる感じをつかんで貰って、そのまま大会本戦をスタートさせる予定だったのですが・・・


・・・・釣れん。

まったく。

ウンともスンとも。

アタリのひとつもありません。

こんな状況でも、今回ゲストのZENさんだけはクチボソ数匹を釣り上げてます。さすがは優勝候補です。
しかしこれが練習時間で唯一の釣果でした。ボクを含め他の人はカスリもせず・・・
あまりにも厳しすぎます水元公園。
このままではタナゴはおろか全員ボウズの恐れあり、です。

ポイント移動も考えられましたが、移動したところで簡単に釣れる場所が見つかるべくもなく、
同じポイントでそのままぬるっと本戦スタート。

はじまってみたら案の定、練習時間に唯一釣れたポイントには参加者が殺到。
特にライバルとして目をつけていたタナゴ経験者4人が同じポイントに集合しています。
大会参加者ではないおじさんも含めて大混雑です。
第二回EES杯タナゴ釣り大会②

「このままでは勝てない・・・」

と思ったワケではないけれど、上記のポイントには入るスキが無さそうだったし、
集団のなかで競り勝つ自信もないので移動することに。

移動した先はみんなとは少し離れた場所。
そこは風が吹きぬける場所にあってかなり寒い。日あたりも悪いのか雪もたっぷり残ってます。
ただし他の場所よりもちょっと深いので、きっと魚たちは越冬するために集まっているハズです。

もうタナゴが釣りたいなんて贅沢は言いません。全力でクチボソを狙います。
仕掛けを底まで沈めてしばらくほったらかしにする、完全なクチボソ狙いの釣り方を敢行。
ただし、ウキ下が浅い仕掛けを使っていたので、仕掛けが底に着くころには親ウキは水面よりはるか下方。
辛うじて親ウキがぼんやりと見える程度です。水面が波立ったらまったく見えません。
なぜウキ下を「深め」に調整しなかったのかは謎ですけど。

ぼんやり見える親ウキが「ツツツ・・・」と横に移動。
ようやく狙い通り(?)にクチボソ一匹目ゲット。

釣れたポイントのまわりを丹念に探っていくとまた釣れました。さらに続けてもう一匹。
やっと魚が溜まっているポイントを見つけられたようです。
クチボソですがね。

すぐにでも苦戦しているであろうみんなに知らせに行くのが人情ってものなのでしょうが、まだまだ。
これは釣り大会、厳しい戦いなのです。そしてボクは本気で勝ちたいのです。
逃げ切れるだけのセーフティーリードを手にするまでは秘密なのです。

7~8匹釣ったところで安全圏に入ったと判断、みんなを呼んでポイント公開しました。
それまで釣れていなかった人もこのポイントでクチボソを釣り上げています。
やっぱり釣れるポイントだったようです。

ただし作戦通り、ボクの釣果を超えるには時間が無さすぎました。
そのまま時間切れとなって10数匹を釣り上げたボクがそのまま逃げ切り優勝。
こうして昨年の第一回に続いての二連覇を遂げることができたのでした。

しかし大会の終了時間がきても、みんな釣りを止める気配ナシ。
そこで魚(=クチボソ)を釣っていない人にも釣ってもらうためにレクチャー開始です。
合言葉は、「ウキを沈めてそのままにしておくと、横にこうスーっと」。

第二回EES杯タナゴ釣り大会⑤
こちら「横にスーっと」解説中。
そのおかげで見事にほとんどの人がクチボソをゲットできました。

ものすごい寒いなかでとっても楽しそう。
小さなクチボソを釣り上げるのに夢中になって喜んだり悔しがったり。
そのまま趣味にする人は少ないでしょうけど、釣りの楽しさをちょっとでも感じられたのではないでしょうか。
この経験から周りの人たちにも釣りの楽しさを伝えてくれたりして・・・

第二回EES杯タナゴ釣り大会④

これって釣り界の裾野を広げることに貢献しているのでは?
あれ?結構良い会?(自画自賛)

そろそろ冠スポンサーつけちゃいますか?

しかし、ちょうど1年前に開催された第一回大会はとっても厳しいコンディションで
釣り上げられたタナゴは僅か1匹(練習時間も含めると4匹)。
そして、第二回の今回はそれを上回る、本命のタナゴ0匹という貧果に終わってしまい、
クチボソのみの釣果で争うということになってしまいました。

このままでは寒い・釣れない・辛い・悲しい釣り大会になってしまいそうです。
大会後、打ち上げ&新年会での席で次回はもっと釣れる時期に開催することを誓ったのでした。


ちなみにこちらが優勝者に送られるトロフィーと副賞のとうふ。
第二回EES杯タナゴ釣り大会⑥

どうだ、欲しかろう。


雑魚釣り楽しそう!と思った方はポチッと。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/526-54507dac