2011.12.31 釣り納め!

自分内会議の結果、大そうじは2012年の年始にやることに決定。
そんな2011年12月30日、今年の釣り納めをするためにタナゴ釣りに行ってきました。

2011.12.30タナゴ2




場所はいつものタナゴ道場、水元公園です。
ここに来るのは今シーズン(の寒タナゴ釣り)3回目なのですが、釣ったタナゴの数はゼロ。
タナゴ釣り3年目にして一番厳しいシーズンを迎えているかもしれません。
そして世間的にも今シーズンの水元はとっても厳しいとのウワサを聞きました。
釣れないのはボクのウデが悪いせいだけじゃないようです・・・

まずは今年の1月末にEES杯の舞台となった場所。
2011年12月30日の水元公園
ここはいつも釣り人がいっぱいいるのに今日はほんの数人だけ。
そしてグループで釣りをしている本気度の高いベテラン釣り人がまったく見当たりません。
ちょっとだけいた釣り人に聞いてもクチボソだけでタナゴは釣れない、というガッカリ情報のみ。
やっぱり釣れないというウワサは本当のようです。

水深のある側で釣りをしてみましたが、クチボソのアタリすらありません。
そこで日中は水温が上がりやすくて水の流れがない浅い場所を攻めようと思いましたが
岸辺がぬかるんでいて釣り場に行くこともできません。
時間がもったいないので早めに移動。

そのあと小移動を繰り返して、やっとクチボソがポツポツ釣れる場所に行き当たりました。
コンクリート護岸に囲まれていて比較的水深がある場所です。
きっとコンクリートが太陽熱で暖められて水温も他の場所より高くって居心地が良いハズです。
で、水温を計ってみたところ、

3℃・・・凍る寸前です。

こんな低水温のせいなのか、いつもはあれだけ元気なクチボソなのですが、
ぬーっとしたアタリがあって、「なんか変だな?」って思って竿を上げてみると魚だった、みたいな釣れ方です。
しかもときどき強い風が吹いているために水面が波立ってしまって、小さなアタリがさらにわかり辛い。

こんな状態のなか、仕掛けをしっかり沈めてじっくり待たなければ釣れない。
手返しが悪いし完全にクチボソ狙いの釣り方をしていますが、
クチボソでも釣れないと心が折れてしまうほど厳しい状態だったのでその釣りを続けていました。

そして次第に北風は強さを増し、釣り辛さはさらに増すばかり。
体感気温もかなり下がってきました。
時間も15時前、そろそろ終わりにしようか・・・


そう思いましたが、このまま止めると今シーズンは水元でタナゴが釣れなかったことになってしまいます。

それはちょっとイヤだな・・・でもこのまま続けてもタナゴが釣れる気もしない・・・どうしよう。
じゃあ、もう一匹釣ったらあがろうか・・・

そんな風に考えながら一匹また一匹とクチボソを釣り続けること30分。
クチボソ

そして・・・



キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!

2011.12.30タナゴ1

突然、タナゴが釣れました!
しかも豆ではなくてしっかりした大人(?)のタナゴです。
まわりに誰も居ない公園でタナゴ片手にガッツポーツ。
嬉しくって沢山写真撮っちゃいました。撮りすぎてタナゴが一時グッタリしちゃうほど。

あきらめないで良かったー!

もちろんこのあともあきらめずに夕方まで釣り続けましたよ。
クチボソしか釣れませんでしたケド。


よし、この調子で2012年もあきらめないで釣れるまで釣りをするぞ!
あらためて自分の釣りの原点を確認した楽しい釣り納めでした。
2011年釣り納め


今年も残すところあと一日もありませんがみなさん良いお年を。
来年もよろしくお願いします。


ブログランキング参加中。2012年もポチッとしていただけるとヤル気がでます。
にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村
←ほかにもいろんなランキングに参加中です。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/513-f199bb1b