ブログをはじめて気が付きました。
週末はよくパンを食べてます。

いま住んでいるところは、比較的近所に有名なパン屋さんが多く、
週末ごとにいろんなお店を巡っています。

今回ご紹介するのもそんなお店のひとつです。



渋谷区富ヶ谷にある「BOULANGERIE LA SAISON(ブーランジェリー ラ セゾン)」です。

このパン屋さんは小田急線参宮橋駅前にもお店があってメディア等で紹介されていますが、
ここでご紹介するのは山手通りと井の頭通りの交差点からほど近く、
東海大学工学部の近所にある系列()店です。

参宮橋店(仮にこう呼んでおきます)にはありませんが、
富ヶ谷店の外には2~3席のテーブルがあってイートイン向けのメニューもあるようです。
あたたかい季節の週末にはセレブたちがおいしそうなものを食べてましたよ。

イートインスペースも含めたお店の概観を撮影したのですが、
悲しい事故(前回の記事参照)により無くなってしまいました。

しかし、ゲットしたパンの画像はありますぞ。
091128お昼パン
↑コチラはお昼ごはん用。
091128ごはんパン
↑コチラは夜ごはん用。

ではお昼ごはんに食べたパンからインプレッションいたしましょう。
メンチカツサンド(上画像右) ¥320
とにかくおなかが減っていたのでがっつり食べたくて買ってみました。
ふわふわしたパンにキャベツ、レタス、ソースのかかったメンチカツがはさまっています。
味は普通においしいのですが、おしゃれパン屋さんにあるまじきボリュームです。
メンチもふっくらしていて大満足。
ブリオッシュ(上画像左) ¥160
「○○ブリオッシュ」みたいな名前だったと思いますが忘れてしまいました。
上に茶色の粉糖状のものがかかっていますが、
私のインチキ味覚では甘さ以外はよく判りませんでした。
栗のデニッシュ(上画像中央) ¥300
まずひと口目で驚きました。
パイ生地がものすごくぱりぱりしています。いや、ぱりぱりというよりバリバリです。
でもバリバリしていてもあまり崩れて落ちたりはしません。
一枚一枚の層が硬いのではないでしょうか。
それが層になってサクサク。バリバリサクサク、バリサクです。
栗にも何か風味があってうまい

続いて夜ごはん用のパン。
エピ(下画像右) ¥200
「麦の穂」を意味するパンです。
シチューやスープのときによく食べています。
形もちぎり易く、ベーコンがはさまっていてごはんパンにはぴったり。
穂先の尖ったところもパリッとしていて、それもまた良し。
「××ソーセージ」が入ったモデルもあり。
バタール(下画像左) ¥280
同じ値段で国産小麦使用のものとフランス産小麦使用のものがあります。
購入したのはフランス産小麦使用のもの。
だって「フランスパン」なんですよ。私じゃなくても、とりあえずフランス産を選ぶでしょう。
味はというと、
外はぱりっ、中はふわっ。いわゆるおせんべい食感です。
おかずの邪魔をしない、主張しすぎない、でもおいしいパンです。
ロブションのパンより軽く感じました。

いや~、それにしても最近のパン屋さんはどこもレベル高いですね。
 参宮橋店はこの本で知りました。


ご飯も良いけどパンも良い、っていう方はポチッと。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
ブログランキング参加中。
←FC2さんのバナーも探して押していただけるとありがたいです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/49-f977f39b