いよいよ夏休みの滋賀遠征も最終日。
今日は丸一日雑魚(タナゴ)釣りに専念するつもり。
8月15日の朝

この旅でカネヒラは釣っていますが、
ヤリタナゴ、アブラボテはまだ釣っていないので新たなポイントを開拓するつもり。
(この時点では気が付いていませんが、実は初日にヤリタナゴは釣っていたりする)


その前に初日のポイント確認です。
なにしろ行き当たりばったりでたどり着いたポイントだったので、正確な場所を覚えているかどうか・・・


覚えてました!

そしてやっぱりいましたよ!カネヒラ。
でも、初日とは違って明らかにサイズダウンしています。

豆カネ
頻繁にアタるのですが、こんな豆カネしか釣れません。
近くにある水門が閉まっているため、流れがないのが原因かも知れないです。


ただし他の雑魚たちの活性はすこぶる元気。
0815カワムツ 0815柿の種 0815ヨシノボリ
(左から)
やっぱりここにもたくさんいます、カワムツ。
「柿の種」ことマブナの幼魚。
水が澄んでいるからか、模様がキレイなヨシノボリ。

金色っぽい魚体の立派なタモロコも釣れました。
0815黄金タモロコ


そろそろ移動かな?って思っていたところに大粒の雨。
遠くでカミナリも鳴っています。
雨が止むまで新しい場所でも開拓しましょう。
長浜以北の田んぼが広がっているエリアには大小の用水路が縦横無尽に走っています。
特に目的地も決めずに車を走らせて、オッ?!と思ったところで車を停め竿を出す。

特に水門や橋の周りは川や用水路が流れていることの目印になるし、釣り場に入りやすく、
地形(流れ)に変化もあって新しいポイントが見つかる期待が膨らみます。

そして数箇所まわって雨が止んだ頃辿りついた川。


・・・のすぐそばにある用水路の交差点。

一辺2mもないようなコンクリートに囲まれた小さなスポットですが、
さっきまでの雨もあって滔々と水が流れています。
その流れが一段落ち込んで、流れが巻いている場所には無数の魚が泳いでいるのが見えます。
こんな小さな用水路ですが・・・

早速竿を出してみますが、ここは流れが強くてウキは使えそうもないのでミャク釣りで。
仕掛けを流れに乗せて魚が溜まっている場所へ送り込むと・・・

すぐにククッ、とアタリがあって釣れました。

0815オイカワ
きれいなオイカワです。
この場所には魚がかなり溜まっていたのか、その後はず~っと釣れ続けました。


オイカワが。

それにしてもこんな小さな場所でこの破壊力。
やっぱり琵琶湖まわりの用水路は生命にあふれています。
雑魚釣り天国です。


次はすぐ横を流れる川でもやってみましょう。
ですが次の川での釣りの模様はまた次回。


にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加中。ポチッとお願いします。
←こっちのバナーもついでにポチッと。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/470-e0a39029