はじめて琵琶湖でバス釣りをしたのは15年以上前だったと思います。
その頃は釣り方もよくわかっていなくて、ただただ釣れそうな雰囲気に呑まれてしまって
夢を見すぎて小バスしか釣ることができませんでした。

そのときに釣りをしたのが琵琶湖最北部の菅浦~大浦エリア。
夕マズメに釣りをしていたら、湖面から無数のホタルが飛び立ってとっても幻想的でした。

しかしその記憶も今となっては曖昧なもの。
もしかして昔の記憶を美化するための妄想なのかも知れないような気がする・・・?

そんな記憶を確かめるべく、2日目の最後は琵琶湖最北部でバス釣りをすることにしました。

そんな思い出の大浦湾に到着したらこんな釣りカップルがいました。
夏の釣りスタイル



女の子が浴衣着てます。

今風の若者達は釣りのときもお洒落だね。
やっぱり夏だったら浴衣だよね。
ちょうどお盆シーズンだし。

こんな大浦湾は反応がイマイチだったのでお隣の菅浦へ移動。
確かココがホタル乱舞の現場だったような気がします。
当時を再現するかのように小バスと小ギルをポツポツ釣っているうちに辺りが暗くなってきました。
後はホタルを待つばかりだったのですが・・・
バス1 ギル バス2


時期が違うのか、もうココにはホタルが居ないのか
暗くなるまで釣りをしたのですがホタルを見ることは出来ませんでした。
8月14日の夕暮れ

それともボクの記憶違いだったのか・・・


すっかり日が暮れたので大浦に戻ってみると、地区の花火大会がはじまろうとしていました。
会場となる湖畔には集落中の人が集まっているかのようです。
祭り?

あっ、浴衣の釣りカップルのナゾが解けました。
花火大会を待っていたのね。

今年2回目という大浦の花火大会は手作り感いっぱい。
若者(学生?)のボランティアみたいな人たちが会場を切り盛りしています。
屋台ではなく運動会のテントを設営した売店もちょっとありましたが、とっても控えめ。
飲食もたしかポップコーンくらいしかなかったと思います。

花火大会の責任者みたいなオッサンのスピーチがダラダラと続いた後、いよいよ開幕です。

岸から50mほど沖合いに浮かんだ筏が打ち上げる場所。
あまりに近いので丸見えです。

ポヒュ・・・・・・パラパラ・・・(打ち上げ花火の音)
ショワー・・・・・・・・パチパチ(大きめのドラゴン花火の音)

花火1

花火2

花火4


ドーンとおなかに響くような打ち上げ花火は無くて、ほほえましい花火たちが続きます。
それでも時折スターマイン風にまとめて花火があがるときなんかは、
観客がみんな「お~」ってなって自然と拍手が沸き起こります。もちろんボクもつられて「お~」。

一際まとまった花火があがったと思ったらそのまま終了してしまいました。
時間にして15分弱・・・

開会宣言のときのオッサンのスピーチのほうが長かったのでは?


そういえばこれが今年はじめての花火大会です。
とっても和む良い花火大会でした。


やっぱり夏は花火大会が似合いますね。


花火5
一瞬、打ち上げ場で花火が誤爆(?)したのかと思ったけど、こんな花火でした。


にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ
にほんブログ村
↑ブログランキング参加中。ポチッとお願いします。
←こっちのバナーもついでにポチッと。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/467-de5cb5a4