2011.08.07 ダツ対わたし

またまた6月の沖縄のハナシ。

20110610沖縄


ヤマトビー(クロホシフエダイ)とクワガナー(コトヒキ)がポツポツ釣れる河口でのこと。
ヤマトビー クワガナー

しばらく釣りをしていると小魚の群れが目の前を回遊してきました。
そしてそのうしろに大きくて青い魚影が・・・

ガーラでしょうか、たぶんカスミアジだと思います。

ただし、まだ小魚に襲い掛かるまでには至っていません。
じっくりと群れのうしろをついてまわっています。
近くにルアーを通してもちょっとだけ反応するだけで、やる気になっていないご様子。

やる気になるまで待ちながらルアーを引いていると・・・


シュバババババ・・・カキンッ!

引いていたルアーが何者かに弾かれて飛びあがりました。これはアレですね。

ダツです。沖縄ではシジャーと呼ばれています。

いままでシジャーは何度もヒットさせていますが、釣り上げたことはありません。
ヒットさせても、あのビヨンビヨン跳ね回るファイトでハリをはずされたり、
あの鋭い歯でラインを切られてしまったりしていました。

この機会にせっかくなので釣ってみることにしましょう。

エサ待ち待機中のシジャーの群れにスプーンをキャスト。

キラキラキラ・・・バシュ、ドバッ、シュバッ、ビシャッ・・・

どつかれどつかれしながらも、無事(?)にスプーンが返ってきてしまいました。
相変らずなかなか針がかりしません。
たまに掛かっても例のビヨンビヨン跳ねでフックオフ。

そして数投目・・・

やっとヒット!
ビヨンビヨンをかわしながら、岸近くに寄せます。
暴れるシジャーに近づきたくなかったので、そのまま砂浜にずり上げてランディング。

シジャー2

遂に釣り上げることができましたよ。うれしいうれしい初モノです。
しかしリーダーは傷だらけ。
危ないところでした。
シジャー1

そうそう、タイトルの「ダツ対わたし」ですが、この1匹は釣り上げたもののバラシ連発。
バラシを引き分けと考えたとしても、それまでに2~3回ラインブレイクされてしまっているので、
1勝3敗でボクの負けです。

そしてシジャーにかまけている間にガーラはどっか行っちゃいました・・・


ところで東京に戻ってから図鑑にこんな記述を発見。

「ダツが突き刺さった場合は、無理に抜こうとせず、そのまま病院へ。
止血処理も忘れずに。」


エッ?!そんなことあるんですか?


ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
にほんブログ村 釣りブログ 沖縄釣行記へ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/453-8c5996c7