急にバス釣りっぽい釣りがしたくなったので多摩川へ行ってきました。

ウワサによると最近の多摩川はス〇ールマウスが大繁殖しているらしい。

「大繁殖」は眉唾ものだけど、多摩川にはナマズもいるしニゴイやマルタウグイだっているので、
ルアーでそこそこ遊べるかもしれない・・・

7月27日多摩川の土手から




現場に着いたのは午後1時まえ。
ポイントに選んだテトラ帯には無数のベイトフィッシュが群れてキラキラしています。

ちょっとだけルアーを投げましたが、すぐにキラキラの誘惑に負けてしまいました。

こんなこともあろうかと用意してきた小物釣りセットにチェンジ。
これまた持参したミミズを小さく切ってつけるとあっという間に釣れました。

オイカワ1
オイカワです。
そしてこの後はほぼ入れ掛かり。

ほとんどがオイカワですが、たまにタモロコ(みたいな魚)も混ざります。
タモロコ? オイカワ2 オイカワ3

30分ほどで小物釣りにも飽きてきたのでテナガエビを探しながらポイント移動していると、
テトラのすき間になにやらバスの稚魚らしき魚を発見。
その模様から判断すると、どうもスモー〇っぽい・・・

しかも同じテトラ帯で同じような稚魚を数匹見つけました。


そしてさらに決定的な証拠が!(ちょっとキモチ悪い画像なので拡大注意)
この死体は・・・?


この死骸は絶対〇モールマウスバスでしょう!
やっぱり居ます、そして繁殖しちゃってます。


こんな動かぬ証拠を突きつけられた以上、釣らないわけにはいきません。
すぐに小物釣りを終了してス〇ール探しの旅にでることにしました。


そして何の反応も得られないまま何箇所目かのポイント・・・

流れがどんよりしていて、岸際にブッシュもあってなかなかイイ雰囲気の場所です。

対岸のブッシュめがけてポッパーを投げてポコポコ引いてくると、バスらしい魚がついてきます。
ただし見た目から判断するとラージのようです。
数匹いるのですが一定の距離を置いてついてくるのみ。スレているのでしょうか。
やがてついてこなくもなってしまいました。


それからさらに数投目・・・


ポッパーの後ろからひと際大きな影がヌーっと近づいてきました。
動きを止めてみるとさらに接近。

ヌルヌルした泳ぎ方だったので、はじめはナマズかコイだと思っていましたが・・・


ライギョです。しかもなかなかのサイズ。

止めたままのポッパーのまわりをフンフンしながら犬みたいにくるっと一周した後・・・


ボフッッ!! 

吸い込みました。


はじめこそ抵抗したのですが、それもほんのちょっぴりであっさりと寄せることに成功。
最後はエラをグワシっと掴んで無事にランディングできました。
ライギョ1

ライギョ2

ライギョ3

測ってみるとほぼ60cm、思いがけない大物です。

その後も同じポイントで40cmくらいのライギョを掛けたのですが、
ランディングのときに暴れられてナチュラルリリース。

結局、この日ルアーではライギョのみ2ヒット、1キャッチ。
予想外の獲物でした。

それにしても多摩川ってライギョが多いのでしょうか?ちょっと意外です。
狙いのス〇ールは釣れませんでしたが、また行ってみようかな。


ただし釣りあげたライギョの背骨が曲がっていたのがちょっぴり痛々しかった。
ノタノタと泳ぎ去る姿を見て、「がんばって長生きするんだよ」って思ってしまいました。

釣りあげておいてナンですが・・・



ブログランキング参加中。ポチッとしていただけるとヤル気がでます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
←FC2ブログさんにも参加中。アヒルのバナーが目印です。



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://oumejin.blog103.fc2.com/tb.php/449-86c48b00